カーペット・絨毯

カーペットをきれいにキープする保管方法やクリーニングに出す頻度や料金相場は?

更新日:

カーペットを長持ちさせるには、正しい頻度で手入れを行うことがとても大事です!

今回は、カーペットをきれいにキープするお手入れ方法や、お店にクリーニングに出す頻度や料金相場、クリーニングにかかる日数などをご紹介していきます!

今流行の宅配サービスの中で、おすすめのお店情報も調べてみました!

カーペットをクリーニングするべき頻度は?

カーペットは、見た目はキレイな状態でも、足の裏の汗や、食べもの飲みものシミが吸収され残っています。

汗やシミが残っていると、雑菌やカビが発生し、不快なニオイを放つようになるのです。

カーペットのシミ

そこにホコリやチリが付着し、それらをエサとするダニも大集合!

カビの胞子やダニの死骸でアレルゲンだらけになってしまいます。

カビやダニは気温20℃~30℃、湿度60~80%の環境で活発になり繁殖すると言われています。

カビの繁殖環境

梅雨の季節や夏に、カーペットを汚れたまま放置すれば、健康に影響を与えかねません。

アレルゲンを吸い込んでアレルギー疾患になることも!

クリーニングすることで、カーペットを清潔に保つことができます。

汚れやシミを落とすだけでなく、ダニやカビ、雑菌もキレイに除去してくれるからです。

カビやダニを寄せ付けないよう、予防策として防ダニ加工や抗菌加工などのオプションもそろえているので、健康や衛生面からも、定期的なクリーニングが不可欠と言えるでしょう。

カーペットのクリーニングに出す頻度は、1年に1回がベストです。

秋は、梅雨から夏にかけて繁殖したダニの死骸やフンなどのアレルゲンが最も増える時期。

健康で清潔な環境で過ごすためにも、秋のクリーニングがおすすめですよ!

もちろん、拭き取っても取れない汚れや濃いシミがついたときは、放置期間が長くなれば落としにくくなるので、気づいたらすぐにクリーニングに出すのが良いでしょう。

カーペットを長持ちさせる、普段のお手入れ方法は?

普段からケアしておけば、大切なカーペットを長く使うことができます。

今回は家で出来る簡単なお手入れ方法をご紹介していきますね。

ケア方法①:まめな掃除機がけと水拭き

掃除機は週に1回~2回かけてるのが理想的です。

表面に見えるゴミや汚れは気づいたらすぐに取り除くようにしてください。

掃除機と水拭き

掃除機をかける前に、ブラシやゴム手袋で掻きだしてゴミを浮き上がらせておくと更に良いです。

掃除機はゆっくり時間をかけてカーペットの毛の向きに逆らうようにかけるのがポイント。

毛の奥にたまったゴミも吸い取ってくれます。

掃除機で取り切れなかったゴミは粘着クリーナーを使いましょう。

掃除機と同じように毛の向きに逆らうように動かすとキレイに取れます。

また、イヤな臭いには重層が効果的です。

重曹

重層は弱アルカリ性の性質を持っているので酸性の臭いを中和してくれるんです。

重層をカーペットにふりかけ数時間ほど置いてから掃除機をかけると臭いが消えるのでお試しあれ!

最後に、掃除機をかけた後は固く絞った雑巾でカーペットの表面を水拭きしましょう。

汚れが浸み込んだりシミになるのを防いでくれるんです!

中性洗剤を溶かしたぬるま湯を使うと効果的です。湿気が残らないように最後は必ず乾拭きしてくださいね。

ケア方法②:スチームアイロンをかける

ダニを撃滅させるにはスチームアイロンが効果的です。

ダニは「50℃の熱20~30分。60℃の熱で1瞬で死滅」すると言われています。

ダニにはスチームアイロン

スチームアイロンは低温でも100℃なので、ダニを1瞬で死滅させることができます!

スチームアイロンを使う前に、必ず洗濯表示を見てアイロンがけができるか確認してくださいね。

ダニは夜行性で暗い場所に集まる習性があります。

1時間ほど部屋を暗くしダニが集まってくるのを待ち、掃除機で表面上のダニを取り除いた後、スチームアイロンを1㎝ほど浮かせて蒸気をあてるか、水で濡らし固く絞った布をあてながらゆっくりかけていきましょう。

ダニの死骸はアレルギーの原因になるので、最後にもう一度掃除機をかけておけば完璧です!

ケア方法③:定期的に陰干しをする

カーペットは湿気がたまりやすいため、敷いたままにしておくと、カビや雑菌、ダニが繁殖しやすくなります。

年に1回を目安に陰干しを行うようにしましょう。

陰干し

陰干しの際は、直射日光に当たらないように裏返して干してください。

カーペットの裏は特に湿気がたまるところなので、しっかり乾燥させましょう。

洗濯表示に乾燥機可のマークがあるなら、コインランドリーの乾燥機もおすすめです。

コインランドリーの乾燥機は55℃以上。50℃以上であれば20分~30分でダニは死滅します。

湿気をとってくれるため、ダニだけでなくカビや雑菌の発生も防いでくれますよ。

家でクリーニングは出来るの?

カーペットの洗濯表示に、水洗いのマークがあれば家で洗濯することは可能です。

選択表示を確認

手洗いマークの場合は、お風呂場で踏み洗いをしましょう。

水洗いマークにバツ印がついていれば洗濯はできません。

水温や漂白剤の種類も確認しておきましょう。

洗濯は半年に1回~3ヶ月に1回が目安

家で洗えないサイズの大型のカーペットはコインランドリーを利用すると便利です。

また、洗濯をする前に汚れやシミがある場合は先に落としておきましょう。

ジュースなどの水溶性の汚れは、水で薄めた台所用洗剤を布にしみこませて軽く叩くように落としていきます。

カーペットお手入れ

油汚れは、ベンジンを含ませた布で汚れやシミを叩いて落とした後、水で薄めた台所用洗剤をしみこませた布で軽く叩くように拭き取ります。

下処理が終わったらカーペットを屏風たたみにして洗濯ネットの中に入れ、大物洗いコース(毛布コース)に設定し洗います。

洗濯機

汚れた部分を外に向けるようにたたむと汚れが落ちやすくなります。

洗濯機で洗えない場合は、浴槽で踏み洗いをしましょう。

脱水が終わったら陰干しをして乾かしていきます。

物干し竿2本にまたぐようにかけて干すと風通しが良くなり乾きやすいですよ。

これでクリーニングは終了!

しかし洗濯したからといって、完全に汚れや雑菌が除去できるとはかぎりません。

家の洗濯では、素材や汚れの状態によって洗濯方法を変えられないため、間違ったやり方をして破れやほつれなど、カーペットにダメージを与えてしまうこともあるのです。

破れ、ほつれ

カーペットの寿命を延ばし清潔に保つためにも、定期的にクリーニングすることをおすすめします。

カーペットの保管方法は?

カーペットを押入れの中で保管する際は、湿度や害虫などに気を付けましょう!

カビや虫食いの被害に合わないためにも、下記のポイントをしっかりケアしてくださいね。

気を付けるポイント①:丸めて横置きにする

カーペットは、折りたたんだり立てかけたままの状態で保管すると、折り目がついたり型崩れの原因になります。

カーペットはロール状になるように内側にクルクルと巻いてから横置きに保管しましょう。

カーペット丸める

直接床に置いた状態で保管すると湿気がたまりやすくなります。

クローゼットの中に吊るすか、両サイドに収納ケースを配置して、橋渡しするように置けば通気性を確保できます。

気を付けるポイント②:クリーニングから戻ったらすぐにビニールを外す

クリーニングから戻ってきたらすぐにビニールを外して風通しの良いところで陰干しをしましょう。

ビニールをつけた状態で放置していると、湿気がこもってカビや雑菌、悪臭の原因になります。

ほとんどのクリーニング店はたたみ仕上げで戻してくるので、ロール状に巻きなおしてから保管しましょう。

クリーニングに出した際は防ダニ加工オプションをつけると保管力アップ

ダニは暗い場所を好みます。

定期的に空気の入れ替えをしても、長期間保管している間に、湿気などでダニが発生する可能性があります。

クリーニングのオプションで、防ダニ加工を付けると良い感じになりますよ!

防ダニ加工の効果は6ヶ月と言われています。

ダニが苦手な忌避剤を使用しているので、効果が持続してる限りは寄せつけません。

抗菌効果もあるので、予防のためにもオプションとして追加されることをおすすめします。

カーペットのクリーニングにかかる料金相場はどれぐらい?

カーペットは、素材やサイズによって値段が変わってきます。

一般的なカーペットであれば、料金相場は1帖あたり1200円~1800円ほどですが、高級素材や特殊素材になると10000円以上と高額になります。

種類 料金(税抜・1帖)
一般的なカーペット 1200~1800円
ウィルトン 1300~2300円
シャギー 1800~2700円
だんつう 2900~4400円
手織り高級カーペット 4400~10000円
ムートン 7700~14000円

防カビ加工などのオプションも1帖あたり500円~2000円。

1帖あたりの値段なので、防ダニ加工などのオプションを追加すると一般的なカーペットでも6帖サイズであれば10000円を超えます。

事前に見積もりをとって確認しておくのが良いでしょう。

意外な落とし穴?カーペットをクリーニングに出す際の注意点

素材や配送料にも要注意です!

依頼する際に注意しなければならないのは、料金です。

カーペットのクリーニングは素材や大きさ、状態によって料金が違います。

素材

素材ごとに料金表示してる業者もありますが、一般的なカーペットのみの料金表示しかなく、依頼したら別扱いになり予想してた以上の高額な料金を請求されることがあります。

クリーニングの料金は割安でも、配送料を高くとられてしまったとか、集配サービスを利用したら追加料金を請求されたとか、知らずに依頼して結果的に購入金額よりも高くついたなんてこともあるでしょう。

トラブルを回避するためにも、複数の業者を比較することが重要です。

事前に見積もりをとって疑問点を解消しておきましょう。

カーペットをクリーニングに出した際にかかる日数は?

カーペットのクリーニングにかかる日数は2週間~1ヶ月、繁忙期(5~10月)は1~2ヶ月です。

かかる時間

オプション料金300円で、お急ぎで仕上げてくれるところもあります。

高級素材や汚れがひどいときは少し長めにみておいたほうが良いでしょう。

クリーニング後の注意点

仕上がりに問題がないか確認しておきましょう!

クリーニングから戻ってきたら、カーペットを広げて、依頼したシミや汚れは落ちてるか、色落ちはしてないか、ほつれや破れはないかなど隅々までチェックしましょう。

生地に破損があった場合は、クリーニング方法の過失という条件がつきますが、クリーニング事故賠償制度が適用され、経過年数に応じた補償を受けることができますよ。

絨毯・カーペットのクリーニングは自分で出来る?おすすめの宅配クリーニングもご紹介!

お部屋のインテリアとして欠かせない絨毯やカーペット、ラグは、身近にある分出来るだけ清潔に保ちたいアイテムです。 しかし大きなサイズであるため家では洗濯しずらい、かといってクリーニングに出すと高くついて ...

続きを見る

 

【クリーニング店 おすすめ3選】
No.1 リコーベ:【安さ◎】10点パックでコスパ良し!
No.2 リネット:【便利さ◎】業界最大手、1点からOK!
No.3 リナビス:【保管◎】おせっかいクリーニングで安心です!

リコーベ(recobe)

10点パックがコスパ良し!

リコーべ

使い方のポイント

  • ダウン、コート、ワンピース、学生服など何でも10点で9,500円の高コスパ料金設定!
  • しかもYシャツや子供服は3枚で1点分のカウントで使いやすい!
  • ファミリープランなら、衣類の他にマットや毛布も一緒にクリーニングOK

リコーベならダウンなどの単価が高いアイテムを含めて、色んな組み合わせができるので他のお店よりも家庭ごとに合わせた使い方ができます。

ダウンやコートでも1点1,000円程度でクリーニングできるのは非常にコスパが良いですね。

リコーベの枚数カウント表

普段使いから衣替えの時期まで幅広く使えるお店ですが、唯一の注意点は、職人さんの手作業があるため受けれる注文に限りがある点。

シーズン時は混み合いますので、お申込はなるべく早めがです!

 

リネット(lenet)

業界最大手リネット

リネットの公式画像

リネットの特徴まとめ

  • アンケートで『標準よりキレイになった』と答えた人が97%の満足度!
  • キャンペーンが充実していて、現在は初回50%オフ☆
  • 洋服のふわふわ、つやつや加工を行う『プレミアム仕上げ』が無料サービス中!

リネットは現在初回50%オフ+ プレミアム会員費2ヶ月無料のキャンペーン中!元々普段使いしやすいお値段が、今ならさらにお安くつかうことができます。

リネットの料金

キャンペーンを使えば宅配クリーニングの最安値価格で利用出来るので、コスパの面でも使いやすいお店だと思います。

 

リナビス

おせっかいクリーニングのリナビス

おせっかいクリーニング『リナビス』の公式画像

リナビスの特徴まとめ

  • 自然乾燥、全品手仕上げの職人仕事
  • 最長9ヶ月の保管サービスが無料でつけられます
  • 子供服は2点で1点計算の嬉しい仕様
  • 往復の送料無料!(北海道、沖縄、一部離島のみ有料)
  • リピート割引あり
『おせっかいな田舎のおばちゃん・おっちゃんが他では「手間でやらない」をやります』がモットーです。

リナビスは、送料無料・しみ抜き無料・ボタン修理無料・クリーニング相談無料・9ヶ月保管無料・再仕上無料・毛玉とり無料・おせっかい無料がポイントです。

リナビスの無料サービス

会員になると季節ごとにクーポンが届くので、長くおつきあいするとドンドンお得に使うことが出来ますよ。

パック制なのでコートやダウンなど衣替えアイテムの利用がおすすめです。仕上がりも丁寧で、ブランド品や革製品をお願いしたい人のために、特別なコースがあるのも嬉しいですね。

こちらもリコーベ同様、職人による手仕事なため繁忙期は申込みが埋まってしまうことも。

特に保管込みコースが人気なため、季節のアイテムの申込はお早めに!

おすすめ!

宅配クリーニングを行っているお店を調べてみました!最新のおすすめ店が知りたい方はこちらをクリック☆

宅配クリーニングのおすすめランキングはこちらをクリック!

-カーペット・絨毯

Copyright© フワピカ , 2020 All Rights Reserved.