コラム

クリーニング業者が行っている環境保護の取り組みとハンガーの扱いについて

更新日:

 クリーニング業者はハンガーの再利用を行っている

クリーニング業者を利用する場合、最も重視される点は洗濯の技術力です。家庭用の洗濯機が使えない衣類の洗濯や繊維の奥まで沁み込んだ汚れの除去はプロの業者に任せるのが最適なのです。

それに加えて、環境保護に気を配り、エコ活動に取り組んでいることも大きな選択肢になります。クリーニングの仕事は電気やガスなどのエネルギーを大量に消費します。

また、洗剤や柔軟剤、シミ取りの薬剤も多用するのでどうしても水を汚す形になってしまうのです。

洗濯物を梱包するためのビニール袋や型崩れを防ぐために使うハンガーもひとつひとつは少量ですが、洗濯物が多くなればそれだけ消費量も増えます。

クリーニング業者が扱うハンガーは細い針金で作られている物の他、安価な樹脂製の製品も普及しています。

クリーニング業者が使用するハンガーはひとつの会社に限って見てもその量は膨大です。金属や石油を大量に消費する形になるので、環境保護の観点から使用料を減らす動きが進んでいます。

また、クリーニング業界ではハンガーは一回限りの使い捨ての備品という考え方が主流であり、利用客も衣類を受け取ったらハンガーをそのまま捨ててしまうのが当たり前でした。

そのような社会的な慣習がハンガーの使用量削減の動きを引き起こしたのです。しかし、ハンガーは衣類を型崩れさせずに綺麗な状態で吊るすのに不可欠な物なので、すぐに使用を中止するのは現実的ではありません。

そのため、業者は資源の有効活用のため、ハンガーの回収に取り組んでいます。利用客にハンガーを返却してもらい、別の利用客の衣類を吊るす目的で再利用しているのです。

ハンガーを自分で使う際の注意点

クリーニング業者はハンガーの回収率を上げるために様々な工夫を凝らしています。ハンガーを返却した利用客に向けてクリーニングの割引サービスを実施するなど、ハンガーを返却する方が得と思わせているのです。

しかし、中には貰ったハンガーを自分好みにリメイクして活用したいと考えている人がいるのも事実です。

元々ハンガーはクリーニングに出した衣類が戻ってきた際に付いてくる消耗品であり、利用客の手元に衣類が渡った時点でハンガーの所有権も利用客に移ります。

これはハンガーが使い捨ての消耗品として扱われているためであり、回収を呼びかけているクリーニング業者もその点を踏まえ、あくまでも利用客の意思を尊重しているのです。

ハンガーを自分好みにリメイクして使う場合、強度に注意しなければいけません。

クリーニング業者が扱っているハンガーは製造コストを抑えるため、衣類が型崩れしないだけの最低限の強度に留まっています。

そのため、そのまま使うと次第に変形することもあるのでリメイクして使う際はある程度の補強が必要になります。

また、クリーニング業者によって使用しているハンガーの形状や材質が違うことから、複数のハンガーを重ねて使う際は同じ業者で統一するのが無難です。

ハンガーのリメイクを上手に行うための工夫

クリーニング業者が回収しているハンガーが欲しい場合は家庭での再利用を目的としていることを伝えるのがマナーです。

クリーニング業者は自然保護の観点から不要になったハンガーを回収しているので、無駄の無い再利用であることを提示する必要があります。

また、ハンガーを欲しがっている人は他にもいると考え、最低限の数に留めることも大切なのです。ハンガーのリメイクを上手に行うには元の形状を活かすのが効果的です。

クリーニング業者によって扱うハンガーの形状が異なりますが、それぞれの形状に適したリメイクを施すのが長く使うための工夫と言えます。吊るす衣類の形状や重さに合わせて補強を行うことで長持ちさせることができます。

ハンガーのリメイクを上手に行うには独学では限界があります。書籍やインターネットでハンガーをリメイクする方法が公開されているので、それらの情報を基にハンガー作りを行うのが質の良いリメイクに繋がるのです。

また、独自のアレンジを加えるのも面白い方法ですが、量産品のハンガーに魅力的なアクセントが生まれる反面、場合によっては実用性が乏しくなることもあるのでその点は注意しなければいけません。

回収されたハンガーの行方

クリーニング業者が回収したハンガーはそのまま使い回すこともありますが、よほど状態が良く劣化も生じていない場合に限られるのでその数はわずかです。

大抵は一定量ごとにひとまとめにされ、圧縮や溶解などの工程を経てリサイクルされます。クリーニング業者が使用するハンガーは元々が安価な量産品なので、素材もほとんどがリサイクル品です。

リサイクル素材の加工品を再びリサイクルに回す形になるので、その品質は決して上等ではありません。ゴミなどの不純物が混ざっていることも多いので再利用の方法も限定されます。

リサイクル素材の多くは再びクリーニング用のハンガーなど、安価な量産品に加工されるのです。

ハンガーの材質は金属、あるいはプラスチック樹脂がほとんどなのでその再利用率は決して低くありません。

材質ごとに選別されて加工されますが、クリーニング用のハンガーは衣類の引っ掛かりを防ぐためにビニールの皮膜が施されている物があります。そのようなハンガーはそのまま加工すると皮膜が不純物となり、リサイクル素材の質が低下するので除去作業が欠かせません。

しかし、ハンガーの皮膜除去は手作業になることが多く、手間がかかってしまいます。不要になったハンガーをリサイクルする工程の中で最も手間がかかる作業ですが、素材の質を損なわないためにも丁寧に皮膜を除去することが大切なのです。

ハンガーのリメイクやリサイクルはクリーニング業界の大きな課題

クリーニングの仕事において、衣類を綺麗に吊るすためのハンガーは絶対に必要です。しかし、数が多くなることから、できるだけ安価な量産品を選ぶことになります。

しかし、安価な量産品はその性質上、一回限りの使い捨てで終わることが多いので、結果的に資源の無駄遣いになってしまう事実は否定できません。

日本には多くのクリーニング業者が営業しているので、そのすべてがハンガーを使い捨てで扱うと資源の浪費は膨大なものになります。

環境への悪影響も大きいことから、業界全体が資源や環境の保護に取り組む必要があるのです。業者の多くが資源の再利用を目的としたハンガー回収を行っていますが、利用者の側もハンガーのリメイクによって廃棄による資源の浪費や環境破壊を避ける姿勢が求められます。

ひとりひとりが資源や環境に配慮することがクリーニングを上手に利用するための心構えなのです。

おすすめ!

宅配クリーニングを行っている37社を調べてみました!最新のおすすめ店が知りたい方はこちらをクリック☆

宅配クリーニングのおすすめランキングはこちらをクリック!

 

目的別おすすめクリーニング店

-コラム

Copyright© フワピカ , 2020 All Rights Reserved.