おすすめの布団クリーニングは?口コミ・料金・宅配・保管サービスから徹底比較!

布団クリーニングおすすめランキング

毎日使う「布団」は定期的に洗いましょう!その一番の理由は「汗とダニ」です。

ポイント

人は一晩で平均200ミリリットルもの汗をかくと言われています。

私たち日本人が寝ている平均時間は約7時間、その間布団の上で過ごすわけです。

汗がたっぷり染み込んだ敷き布団に掛け布団、湿度が高くダニにとって最高の環境なのです。

もちろんご家庭でも乾燥機や天日干しでダニを駆除して、掃除機でダニの死骸をとることも出来ます!

ただどれだけ頑張っても、布団の奥にまで広がった汚れを完全に落とすには、布団の丸洗いが必要になります。

必要性は理解しているけれど、「大きくて、重たい布団を洗う」のは結構難しいですよね。それに素材によっては、自分で洗えないものも。

そこで注目されているのが「布団の宅配クリーニング」です。外に持ち運びしなくても、家まで取りに来てくれるので、とっても楽々です。

また、最近はお店ごとの特徴を生かし、色んなサービスが提供されているので、シーズンが来るまで保管して欲しい!・ダニ対策をしっかりしたい!・羽毛布団を安く洗って欲しい!など自分のニーズにあったお店を選べるのもポイントですね。

今回実際に利用した経験や口コミ・評判をふまえて、料金・宅配サービス・保管・ダニ対策など項目別に比較して、おすすめランキングにしてみました!

目次

布団の宅配クリーニング人気のおすすめ3選(各社の口コミは?)

布団クリーニングのおすすめ店を、口コミ・料金・サービスから比較しています。口コミについてはSNSで集めるだけでなく、当サイトでアンケートを実施して口コミを集めています

それぞれ強みが違いますので、自分の使いたい用途に合わせてお店を選んでみて下さいね。

No.1 宅配クリーニングの人気店 リネット!



ポイント

*口コミ評価がよく、初心者も安心
*料金が安くコスパもGood!
*布団専用乾燥機とタンブラーで、ふわふわ仕上げ
*防ダニ加工サービスあり!

「何より費用を安く抑えたい!」・「初めてだから失敗したくない!」・「信頼のおけるお店を利用したい!」

そんな方たちの登竜門はこちらの「ふとんリネット」でしょう。利用方法もとてもシンプルで分かりやすいと評判ですね。

羽毛布団・掛け布団・敷き布団どれでもお値段変わらず使えるので、価格設定も分かりやすいです。

宅配クリーニングと言えばリネット・・・と言える程、顧客満足度・口コミ評価の高い安定の人気No1クリーニングです。

リネットの布団クリーニングの口コミは?

SNSの口コミ

利用者の評判・感想

SNSの口コミだけでなく、当サイトでアンケートを取ってみて、利用者の方の評判や使ってみた感想を聞いてみました。

口コミ①

安く利用できそうだったので使ってみました。自宅で布団を詰め込んでおくだけで、自宅まで集荷してくれるのは思った以上に便利でした。最終的な料金もリーズナブルで満足しています。

口コミ②

集荷袋が少し小さめで入れるのに苦労しましたが、受取方法や時間などを設定しやすくスムーズに受け取れた点など、使い勝手が良かったです。

口コミ③

自分でのお手入れは天日干しくらいだったので、クリーニングでふんわり仕上がっていることに感激しました。イヤなにおいもなく、お願いして良かったと思います。

口コミ④

ネットで見て料金が安いというだけで選んだので、クリーニングの仕上がりについて期待していませんでした。ですが、安い割にクリーニングの仕上がりは、他の業者と大して差はなく、フカフカした仕上がりに満足できました。染みや汚れもかなり薄くなって目立たなくなって返ってきましたので満足です。

ふとんリネットのアンケート結果ー利用者の口コミ・感想

アンケートで点数を付けて頂いた結果、リネットの満足度の平均点は『88.7』という結果になりました。やはり『便利』・『使いやすかった』・『安い』という声が多かったですね。

ふとんリネットの料金は安いの?

ふとんリネットの最大の魅力は、何と言ってもその「価格帯」にあります。

ふとんリネットのお値段

  • 布団1点 8,800円(税抜)
  • 布団2点 11,800円
  • 布団3点 12,800円 ⇐ チェック☆
  • 布団4点 14,800円(税抜)
  • 布団5点目以降1枚につき3,000円追加
布団1点だけではそこまで安くないですが、3点セットからは1枚当たりの料金がかなり安くなってくるのがポイントです!

出せば出すほど割引率が高くなるので、どちらかと言えば単身者よりもファミリー層におススメですね。

また、防ダニ加工もしてくれるので、気になる方はオプション(+1,000円)をつけてみては如何でしょうか。

ふとんリネットの送料は無料!?

クロネコヤマトの利用となりますが、送料は合計金額が6,000円(税抜き)以上であれば無料となります。

布団クリーニングの場合は、6,000円以上の利用となりますので、実質送料無料と考えてOKですね!

他社よりも安い費用で、なおかつ信頼のおける「布団クリーニング」と問われれば、こちらの「ふとんリネット」を外すわけにはいきません!

とりあえず安心できる会社で初めてみようかなと、考える方は是非チェックしてみてください。

 

No.2 羽毛布団クリーニングの人気店フレスコ


フレスコでは布団の中わたの種類ごとに丸洗いの工程全体をプログラム化して、布団を傷めない中性洗剤を使用し専用の機械で布団を丸洗いしています。

ポイント

*完全機械洗いなので、一定したクオリティ。
*布団専用の平面乾燥機を使い、高速で布団を動かさずに乾燥。(菌の繁殖を防ぐ)
*オプションで、レンタル布団あり。(1セット8,000円~)

フレスコのウォッシングシステム

フレスコのおすすめは、羽毛布団のクリーニングが料金もお手頃で、サービスもしっかりしている点です。

フレスコの料金

  • 布団1点10,800円、羽毛布団1点 8,480円
  • 布団2点12,900円、羽毛布団2点 10,900円
  • 布団3点14,850円、羽毛布団3点 12,700円

機械化をすすめているので、常に一定した高品質な仕上がりが期待でき、初めての方も安心して利用できます。

フレスコの布団クリーニングの口コミは?

こちらも利用者の方に感想をアンケートで聞いてみました。

口コミ①

クリーニングされた羽毛布団を広げてみると、湿気や埃がしっかり洗い落とされていて、とてもフワフワしていて手触りもサラサラになったことが良かったです。また、カビ臭かった臭いも完全に無臭になって返ってきました。

口コミ②

黄ばみがあったのですが、それが目立たなくなったように思えました。出す前に比べてボリュームも出たようで仕上がりが良かったです。

口コミ③

布団は、配送中の汚れをさけるためのビニール袋で密閉された状態で返ってきました。そしてビニールの中で布団が湿気てしまわないよう、大きな乾燥剤が入っていましたよ。羽毛掛けを広げてみると、湿気やホコリが洗い落とされてふんわり!手触りもさらさらです。そしてカビ臭さは無くなり、クリーニング特有の臭いや洗剤の香料のにおいもなく、完全に無臭。細かくチェックしましたが、羽毛のフカフカ度は落ちていないし、生地や縫い目も傷みはありませんでした。

口コミ④

押入れに入れっぱなしの布団だったので、湿気やカビ臭い匂いが除去されるのか不安でしたが、クリーニングされて帰ってきた布団の仕上がりに満足です!カビ臭い匂いはしっかり落とされていて、布団がふかふかで気持ちよかったです。

フレスコのアンケート結果、口コミ・感想内容

アンケートで点数を付けて頂いた結果、フレスコの満足度の平均点は『86.5』という結果になりました。こちらは『仕上がりに満足』・『羽毛布団がふわふわになった』という内容の評判が多かったですね。

フレスコではふとん丸洗い専用の洗剤まで自社開発しています。細かい工程含めしっかりしていることが、仕上がりの満足度に繋がっているんですね。

リピーターも多いお店なので、これからどこのお店にしようか迷っている方は、是非候補に入れてみて下さいね!

 

No.3 しももとクリーニング

しももとクリーニングは布団クリーニング120,000枚の実績があるおすすめ店です

しももとクリーニングが唱える『人にやさしい布団の丸洗い』は、高知県の「四万十川の源流水」と低刺激である「石けん」を使用しています。

ポイント

*他人の布団と一緒には洗わない、完全個別洗い。
*洗濯合成洗剤NG!人の肌に優しい「液体石けん」を使用。
*電子カルテによる、徹底個別管理。

中性洗剤や漂白剤を一切使用せず、布団を使用する人の安全性と環境を第一に考えた洗濯方式を取っています。

そのため赤ちゃん・アトピー性皮膚炎・化学物質過敏症の方など肌の弱い方々に人気のお店となっています。

しももとクリーニングの口コミは?

利用者の感想をアンケートで聞いてみました。

口コミ①

学生時代を高知で過ごしたため、現在高地在住の友人の紹介で使ってみました。価格送料仕上がり、どれもきちんとしていたので不満点はなかったです。

口コミ②

かなり染みの付いた布団を送ったので、仕上がりがとても気になっていたのですが、クリーニングされた布団を見てみると、頑固な染みは少し残っていましたが、子供がしたおねしょのシミは完全に落ちていて良かったです。

口コミ③

別客カルテを作ってくれるなど、継続的な対応も含めて良いお店だと思っています。ただし料金の面で、羽毛布団1点などは価格が高すぎるかなと。3点以上頼まないともったいないと感じました。

口コミ④

布団をクリーニングに出している期間中、代わりの布団をレンタルできるから利用しました。ダメもとで出してみたらきれいになったので驚きです。結果的に大満足でした。

しももとクリーニングはそこまでメジャーなお店ではないため、SNS上でも口コミが見つからず、利用者アンケートでも回答数があまり集まらなかったので、平均点を算出して比較していません。

母数は少ないものの、アンケート回答の点数が非常に高い方が多かったため、第3位のおすすめ店とさせていただきました。

しももとクリーニングは小型の布団丸洗い専用洗濯機による「完全個別洗い」を採用しているので、他人の布団と一緒に洗うことに抵抗がある方には大変魅力的なポイントとなります。

しももとクリーニング公式画像

大量の布団をまとめて洗う大型工場が多い中、完全個別の丸洗いはポイントが高く、布団同士の摩擦が少なく痛みにくいと評判です。

注意点としては、完全個別丸洗いのため、納期が他のお店より少しながく、大体工場到着後から1~2週間程とされています。※夏など繁忙期には3~4週間かかることもあります。

個別丸洗いのため、他社よりも納期期間は長くなってしまいますが、それでもアレルギー対策の安心感を得られるのであれば、是非とも利用してみたいですよね。

 

大手クリーニング店の布団クリーニングの口コミは?

店舗型のクリーニング店も、最近ではどんどん宅配サービスを実施しています。

実際にそれぞれのお店の口コミはどうなっているのでしょうか、今回は『ダスキン』・『ホワイト急便』・『白洋舎』について評判を集めてみました。

ダスキンの布団クリーニングの口コミは?

口コミ①

ダスキンの掃除道具をレンタルしていたこともあり、ダスキンにお願いすることにしました。かさばる布団を自宅まで取りに来てくれる点がとても助かりました。専用の袋に布団をつめるのがなかなか難しく、もう少しいれやすい袋だったらいいなと思いました。

口コミ②

テレビCMで見たダスキンにお願いしました。ワクワクして袋を開けたところ、キレイにはなっていましたがそこまでふわふわではなかったのが残念でした。

口コミ③

ママ友にダスキンの布団クリーニングのサービスをお勧めされたので使ってみました。3枚パックを利用したのですが、返ってきた袋を開封したところ、フワフワになっていたのは綿の布団1枚だけで、残りの2枚は薄くなっていました。とりあえず干してある程度は回復したのですが、クリーニング前と変わらない状態です。

他のクリーニング店と違って、利用した理由が『他サービスでダスキンを使っていた』・『有名だったから』という内容がかなり多かったです。

また点数もかなり低めに付ける人が多いのが印象的でした。やはりハウスクリーニングのお店なので布団クリーニングの専門性が薄いのでしょうか。

あまり利用をオススメ出来る評判・感想ではないかなと思います。

ホワイト急便の布団クリーニングの口コミは?

ホワイト急便は店舗・宅配サービスの両方がありますので、それぞれの口コミをご紹介いたします。(宅配サービスを利用したことがある人が少ないため、そちらの感想は少しだけとなっています。)

店舗クリーニングの口コミ

口コミ①

キャンペーンのチラシを見て利用しました。お店の方の対応もとても丁寧で好感がもてました。介護で汚れた布団にも関わらず、笑顔で対応していただき、気持ち良く利用させて頂きました。

口コミ②

日頃から利用しているお店でしたし、担当されている方とは長いお付き合いでしたから、とても安心して任せられたことです。クリーニングにかかる日数や料金なども丁寧に説明してくれましたし、お店に届いたら自宅に電話を入れてくれました。

口コミ③

羽毛布団をクリーニングしてもらいました。オプションで除菌と脱臭を付けたのですが、布団特有の嫌な臭いは全で除去されていて驚きました。

宅配サービスの口コミ

口コミ

普段から衣類のクリーニングにホワイト急便を利用していたので布団のクリーニングも利用させてもらいました。仕上がり悪くなかったですが、布団をクリーニングに出すのは他に比べ高いので定期的にキャンペーンをやってくれるとてもいいなと思います。

ホワイト急便は地元で普段利用している方が多いので、お店の人と顔見知りで店員の人の対応が良かったという口コミが多かったですね。

キャンペーンなどを考えると、宅配サービスで使うというよりも、チラシなどを見て店舗への持ち込みでおすすめしたいお店ですね。

白洋舎の布団クリーニングの口コミは?

口コミ①

保管期間を選べることが良かったです。クリーニングされた布団をすぐに使わないので、3ヶ月保管してもらいました。また、仕上がりもとても満足できるもので、羽毛が潰れてぺちゃんこになっていた布団が、元に戻ってふんわり軽くなり、いい仕上がりでした。

口コミ②

今まで使用していた布団は一度も干さずシートのみ洗っていた状態で厚みが無くなり多少の汚れはあったもののクリーニングしてもらい、ふかふかになり快適に睡眠が出来るようになりました。

口コミ③

奮発して買った羽毛布団で値段もそれなりに高かったので。昔から良いものは白洋舎さんにお願いすると親に言われてきたのもあってお願いしました。お茶のシミが数箇所あったのですが、それらも綺麗に落ちていました。
気になった点は特にありません。あえて上がるなら、やはり値段がお高いかなと思うところです。
白洋舎は仕上がりに関する評判がかなり良かったですね。

ただし何人かの方から、やはり少し価格がお高いという回答をいただきました。

布団の宅配クリーニング料金比較表!安いのはどこ?

布団の宅配クリーニングに関する料金表を作成して、各社の値段を比較してみました。(2020年3月時点)

大手から専門店まで、ふとんクリーニングの料金を表にして比較してみました。

リネット・リナビスと言った宅配クリーニングの人気店と、白洋舎・ホワイト急便といった大手クリーニング店の宅配サービスをそれぞれ調べて記載してあります。

※こちらの項目でいう『布団』とは、『敷布団・掛布団』の料金表となっています。(掛布団と敷布団の料金設定は同じお店がほとんどです。)

まずは布団1枚をクリーニングに出した際の値段です。お店によっては1枚からでは受け付けてくれないお店も多いです。

(安いお店順) クリーニング料金
リネット 8,800円
しももと 8,800円
ダスキン 10,420円
フレスコ 10,800円
リナビス 11,200円

1枚だけで出す場合はリネット・しももとクリーニングは9,000円を切る価格となっています。

1枚だけ布団を宅配クリーニングに出す場合の料金相場は10,000円ぐらいでしょうか。

持ち込みの場合は1枚あたり4,000~7,000円ぐらいが一般的な相場なので、少し割高に感じますね。

次は3枚セットの料金を比較してみます。(3枚セットのお店が一番多かったです。)

(安いお店順) クリーニング料金
リネット 12,800円
ホワイト急便 13,000円
しももと 13,800円
ダスキン 14,600円
フレスコ 14,850円
リナビス 15,000円
カジタク 17,000円
白洋舎 19,500円

3枚セットで布団を宅配クリーニングに出すと、持ち込みの金額にだいぶ近くなってきますね。相場としては3枚14,000円ぐらいで、1枚当たり4,500円前後でしょうか。

これぐらいの料金ならお得になってきますね。持ち込みの手間を考えると宅配クリーニングの方がかなり魅力的です。

なお3枚セットでも一番料金が安いのは『リネット』でした。クリーニング業界ではかなり価格の安いホワイト急便よりも価格が下なのはかなり凄いかなと思います。

リネットはキャンペーンも多いので、料金面ではかなりおすすめですね。

布団の種類ごとのおすすめクリーニング店は?

ここからは羽毛布団・こたつ布団・ベビー布団・羊毛布団・真綿布団のおすすめクリーニング店をご紹介していきます。

羽毛布団のクリーニングのおすすめ店はどこ?(各社の口コミ・評判は?)

羽毛布団の宅配クリーニングでおすすめなのは、フレスコリナビスです。

羽毛布団1枚でクリーニングした時の料金、羽毛布団3枚でクリーニングした時の料金がそれぞれ安いお店です。

羽毛布団3枚  
フレスコ 12,700円
リナビス 13,310円
しももと 13,800円
ダスキン 13,860円
ポニークリーニング 15,800円
カジタク 17,000円
白洋舎 19,500円

羽毛布団の料金相場は1枚当たり4,000~5,000円なので、宅配クリーニングというメリットを踏まえてもフレスコ・リナビスの3点パックは安いかなと思います。

リナビスは『おせっかいクリーニング』を掲げているお店で、カンブリア宮殿(2018年6月放映)などでも取り上げられたことのある人気店です。

テレビで取り上げれた直後に忙しくなってしまい、2018年には口コミが悪い時期もありましたが、2020年現在に当サイトで実際の利用者にとったアンケートでは、評判が良いお店でしたので興味がある方は是非使ってみて下さいね。

⇒羽毛布団ならフレスコ

⇒おせっかいクリーニングのリナビス

 

こたつ布団のクリーニング料金相場と宅配でおすすめのお店は?

こたつ布団のクリーニング料金ですが、店舗への持ち込みなら相場は1枚あたり2,000円~3,000円、宅配クリーニングの料金相場は4,500円~5,000円ぐらいでしょうか。

ただし宅配クリーニングの場合、1点からOKな店は少なく、3点セットでのクリーニング代を設定しているお店が多いです。

こたつ布団クリーニングのおすすめ店は?

こたつ布団3枚セット  
リネット 12,800円
ホワイト急便 13,000円
リナビス 13,310円
しももと 13,800円
フレスコ 14,850円
ポニークリーニング 15,800円
白洋舎 19,500円

料金面からのおすすめはリネットホワイト急便です。

両方とも送料無料で使えますので、Totalのコストも安く抑えることができます。

普段からホワイト急便を使っている人ではない場合、初めての方向けキャンペーンなどもあるリネットの方が若干コスパがいいと思います。

⇒ふとんリネット

 

ベビー 布団のクリーニング料金相場と口コミの良いお店は?

ベビー布団のクリーニング料金ですが、持ち込みの場合と宅配の場合で金額が大きく変わります。

店舗への持ち込みの場合、大体料金相場は800円~1,500円程度ですが、宅配の場合通常のふとんと同じ数え方をされてしまうお店が多いため、かなり割高です。

そのためベビー布団であっても1枚当たり4,000円~5,000円といった料金プランになってしまうお店も少なくありません。
ベビー布団 1枚 2枚 3枚
リネット 2,500円 5,000円 7,500円
リナビス - 8,800円 -
ホワイト急便 - - 13,000円
ポニークリーニング - 10,800円 15,800円

唯一宅配クリーニングでもベビー布団というジャンル分けをして値段設定をしているお店が『リネット』でしたので、宅配クリーニングでベビー布団も出したい方はふとんリネットがおすすめです。

※リナビスはベビー布団を2点で1枚カウントとして計算してくれますが、それでも店舗への持ち込み料金に比べるとちょっと高いかなと思います。

こたつ布団の宅配クリーニングを考えている方は、是非リネットを候補にしてみてくださいね。

⇒ふとんリネット

羊毛布団をクリーニングしてくるおすすめのお店は?

羊毛布団をクリーニングしてくれるお店は、そこまで多いわけでは無いですが、料金面から言うとリナビスが一番おすすめです!

白洋舎やしももとクリーニングも羊毛布団をクリーニングしてくれますが、若干1枚辺りの料金が高めです。

羊毛布団 1枚 3枚セット
リナビス 8,800円 13,310円
フレスコ 10,800円 14,850円
しももと 13,800円 -
白洋舎 - 19,500円

しももとクリーニングはオーガニック布団など、特殊な素材のクリーニングが非常に強みなので、少し料金が高くても良いので高級品をじっくり洗って欲しいという方にはありだと思います。

⇒おせっかいクリーニングのリナビス

⇒しももとクリーニング

真綿布団をクリーニングしてくれるお店は?

『真綿布団』とは中綿にシルクを使ったふとんのことを指します。(なお繭以外の絹わたで出来た布団を絹布団といい、品質に違いがあります)

メーカーでも基本はクリーニング不可となっており、どうしてもクリーニングしたい場合は信頼のおける専門店に依頼する必要があります。

注意点としては、クリーニング可能と謳っていてもドライクリーニングのみのお店もあるという事です。

ドライクリーニングは表面の皮脂汚れを落とすことは出来ますが、中までしっかり洗えるわけでは無いので、汗汚れやダニなどを落としたい場合には向かない点には注意が必要です。

今回ご紹介するおすすめ店は、ドライクリーニングではなく水洗いしてくれる専門店となります。

おすすめNo.1 FUTON わたひち

真綿布団のクリーニングにおすすめのわたひち

わたひちは明治27年創業で『快適な眠りをお届け』することがモットーのふとん専門店です。

料金は側生地がシルクか綿かで変わりますが、シングルサイズの場合、側生地(綿)の本掛けが9,000円、側生地(シルク)の本掛けが12,000円となっています。

店舗は愛知県碧南市ですが、県外の人も相談・対応可能なのでお困りのことがあったら是非お問合せしてみては如何でしょうか。

⇒FUTON わたひち

おすすめNo.2 しももとクリーニング

「完全個別洗い」・「布団丸洗い」を謳っている『しももとクリーニング』も真綿布団のクリーニングをしてくれます。

オーガニックふとんの丸洗いについて説明

シルクに出来るだけダメージを与えない『真綿専用コース』があり、優しく洗い上げたあとに復元乾燥でふんわりと仕上げる工程になっています。

宅配サービスで全国対応しており、クリーニング料金は1点で8,800円、2点で11,800円、3点で13,800円で北海道・離島からの申込以外は送料無料となっています。

⇒しももとクリーニング

布団クリーニングの保管サービスおすすめ!口コミ・料金から徹底比較!

今回は布団クリーニング10社を比較してみましたが、布団の保管サービスを取り扱っているお店は4社と思ったよりも少なかったです。

布団の保管サービスを比較しておすすめ店をご紹介

ダスキン・白洋舎・リネットを始めとした6社については、クリーニング後の預りはなく、クリーニング完了後はそのまま返送される形となっていました。

実際に布団の保管サービスがあったのはこちらの4社。なお布団1枚からでもクリーニング+保管してくれるのはリナビスだけだったため、下の表には記載していません。

布団の保管 2枚 3枚 保管期間
リナビス 12,100円 13,310円 12ヶ月
ホワイト急便 - 15,000円 9ヶ月
ポニークリーニング 12,800円 18,800円 9ヶ月
カジタク 12,800円 18,000円 9ヶ月

料金・保管期間の両方から見ても『リナビス』が一番おすすめですね。

リナビスの布団クリーニングは羽毛布団こたつ布団でも利用可能なので、羽毛布団やこたつ布団の保管サービスを利用したい方にもぴったりです。

なおリナビスは基本は布団を圧縮しての保管となりますので、布団の圧縮をして欲しくない場合のみ、別途料金が発生する点だけ注意が必要です。

リナビスの布団クリーニング+保管サービスの口コミはどう?

リナビスの布団クリーニングを利用したことがある方に、アンケートを実施して感想を教えて貰いました。

特に悪い口コミ・評判はなく、大体の方が満足・まぁまぁ満足という回答でした。

口コミ①

youtubeの広告でよく見かけて気になっていたから使ってみました。布団や毛布についた細かい汗染みなども綺麗にとって頂けたのは良かったです。

口コミ②

何社か検討した結果コストパフォーマンスでリナバスを利用してみた。他の会社を使ったことがないので、なんとも言いにくいですが、清潔さ・梱包の丁寧さ・金額は悪くないと思いました。

口コミ③

ネットの口コミを読んだ時に良い口コミがあったからリナビスを利用してみました。気になっていた汚れが綺麗になったし、特に気になる点は無かったです。

口コミ④

実家の祖父母の高級衣類と大きめの布団をリナビスに出しました。布団は12ヵ月無料保管ということで翌シーズンまで保管できるのは便利かなと思います。
私も実際に利用してみましたが、布団自体がキレイになるのはもちろん、次のシーズンまで押入れがすっきりしているのはとても気持ちいいですよ。

布団のクリーニング+保管サービスを探している方は是非リナビスを使ってみて下さいね!

⇒おせっかいクリーニングのリナビス

布団クリーニングに関するQ&A

ここからは布団クリーニングに関する色んな悩み・疑問についてお答えしていきますね。

布団クリーニングにかかる期間は大体どれぐらい?

店舗持ち込みの場合

布団クリーニングにかかる期間ですが店舗持ち込みの場合、同じフランチャイズであっても店舗によってかかる期間が違ったりします。

今回調査のために、白洋舎・ホワイト急便・ポニークリーニングでそれぞれ2店舗ずつ・合計6店舗に電話を掛けて調べてみましたが、平均的には2週間~3週間が目安と言う結果になりました。

※お店によっては急ぎの場合相談すれば10日前後で頑張ることもできます、という嬉しいお話も頂けました。

宅配クリーニングの場合

宅配クリーニングの場合は早いお店で10日~2週間、長めのお店で2週間~3週間ぐらいが目途となっています。

宅配クリーニングにかかる期間
リネット 10日~14日
ホワイト急便 10日~14日
リナビス 10日~14日
ポニークリーニング 21日程度
白洋舎 21日程度

ただしこちらの期間もあくまで目安であって、繁忙期は遅れる可能性がありますので、なるべく余裕をもってクリーニングに出すようにしましょう。

布団をクリーニングに持ち込みをする際の注意点

布団をクリーニング店に持ち込みする際に注意して欲しいのは、嘔吐(ゲロ)・排泄物などの汚れは通常のクリーニング店では取り扱い不可なことです。

消毒が必要な洗濯物を指定洗濯物といいます。

指定洗濯物を取扱う施設を「指定洗濯物取扱施設」と言って、行政への申請が必要な特別な施設になります。(クリーニング業法の第3条第3項第5号より)

消毒処理が出来る設備を持つクリーニング店でないと出来ないと嘔吐物の布団を処理することが出来ないために、持って行く前に引き取りOKか電話で確認する事が大切です。

布団が嘔吐・ゲロで汚れたときの処理方法!どうしたら綺麗になる?

子供はよく体調を崩します。咳き込んでいたのに、急に静かに寝てくれて安心していると、また、急に咳き込んで嘔吐してしまう事があります。 予知できない嘔吐やゲロは、衣服や布団をの汚してしまうので、パッニック ...

続きを見る

※「指定洗濯物取扱施設」は地元の保健所にお問合せください。必ずしも把握しているわけではありませんが、情報を管理している可能性が高いです。

おねしょ布団のクリーニングはどうすればいいの?

おねしょ布団自体はきちんと処理して乾燥させた後であればクリーニング店に出すことが出来ます。(例えばリネットなどではQ&Aに明確に記載があります。)

ただし乾燥させていない、臭いが酷い場合などは上記の消毒が必要な指定洗濯物扱いとなりますのでクリーニング店へ持ち込み・郵送は厳禁です。

おねしょ布団の対処法としては、まずタオル、ペットシートなどを押し当てて、布団の水分を吸い取るようにしましょう。

※家にまだ紙おむつがあるようでしたら代用可能です。

臭いの対処としては、おしっこのにおい成分はアルカリ性であるアンモニア由来ですので、酸性であるクエン酸水やミョウバン水をスプレーで吹きかけると臭いを中和することが出来ます。

また汚れ落としのために40℃ぐらいのお湯を使うのは大丈夫ですが、熱湯はNGです。

おしっこに微量含まれるタンパク質が固まってしまいますので注意してください。

布団クリーニングとコインランドリーはどっちが安いの?

布団のクリーニングを即日終わらせたい人の選択肢として、コインランドリーがあると思います。

価格面から言うと、コインランドリーの料金相場として水洗代+乾燥機代で大体1,600~2,200円ぐらいで出来るので、お店に出す半額以下でクリーニングすることが可能です。

ただし自分で洗濯するので仕上がりがプロに及ばない点や、保証がないため何か失敗があった時に自己責任になるのがデメリットだと思います。

安価なふとんはコインランドリーで洗っても良いと思いますが、ある程度の値段がする布団はお店に任せるようにしましょう。

布団クリーニングの頻度はどれぐらいが良いの?

布団のクリーニングをする頻度として、一番のおすすめは半年に1回です。

夏用・冬用でそれぞれのシーズンが終わるごとにクリーニングすることがベストです。

一般家庭の布団とは少し話が違いますが、厚生労働省が公衆浴場及び旅館業における一層の衛生水準の維持、確保を図るための「旅館業における衛生等管理要領」において『寝具の管理』として下記の記載があります。

25 寝具は、次に掲げるところにより措置すること。

(3) 寝具は、次に掲げるところにより洗濯等を行うこと。
(1) 布団、枕、毛布及びこれに類するものは、日光消毒と十分なはたきを適切に行い、1月に1回以上、その中心部の温度をおおむね60℃30分間加熱乾燥する方法又はこれと同等以上の効力を有する方法による加熱処理(暫定的処理基準とする。)を行うことが望ましいこと。
 また、布団及び枕にあっては、6月に1回以上その汚れ等を除去するため丸洗い(洗濯物に洗剤液及び水を直接吹きつけるなどして行う洗濯方法であり、もみ洗い処理工程がないものをいう。以下「布団丸洗い」という。)を行うことが望ましいこと。この場合、布団丸洗いは、前記と同様の効力を有する加熱処理工程を含めることが望ましいこと。

こちらにも『布団及び枕は6ヶ月に1回丸洗いをすることが望ましいと』書かれていますので、ワンシーズンに1回は出来る限り布団クリーニングをする様にしましょう。

ムアツ布団はクリーニング可能?

残念ながらムアツ布団は基本的にクリーニングに出すことが難しく、リネットなどのクリーニング店でも、取り扱い不可の一覧に記載があります。

ムアツ布団を販売している昭和西川の運営サイトでも基本的には洗えない旨と、どうしても洗いたい場合は専門店に相談するようにと記載されています。

今回複数の専門店を調査してみましたが、布団クリーニングの専門店『フレスコ』なら、シングルサイズ・厚さ7cm以下・専用カバーに入った状態であればムアツ布団のクリーニングが可能とのことでした(2020年3月時点)

該当するケースは少ないかもしれませんが、利用してみたい方はフレスコを使ってみては如何でしょうか。

⇒フレスコの公式サイトはこちら

布団カバーのクリーニング頻度や料金相場は?

布団カバーの料金相場は600円~1,200円、クリーニング頻度は『旅館業における衛生等管理要領』によると3日に1回が望ましいとされています。

寝衣、敷布又はシーツ、布団カバー、枕カバー、包布等直接人に接触するものは、宿泊者1人毎に洗濯したものと取り替えること。
 なお、同一の宿泊者にあっては、寝衣は毎日、その他のものにあっては3日に1回は少なくとも取り替えること。

現実的な手間を考慮すると、1週間に1回ぐらいのペースで洗えると嬉しいですね。

布団クリーニングでダニ退治は万全?乾燥機じゃダメ?

ダニが死滅する条件はけっこう厳しく、50℃以上の熱を20~30分継続すること、もしくは60℃以上で短時間の熱を浴びせることです。

そのため残念な話ですが、ただ天日干しするだけでは、布団の中にいるダニはほとんど死にません。

太陽の熱だけでは表面ですら50℃に届かないのですから、布団の内部はもっと温度が低いままです。(ダニは温度のより低い方へ低い方へと逃げていきます)

コインランドリーの乾燥機は、70℃を超える高熱で乾燥させるので、ダニを死滅させるには十分な温度です。(家庭用乾燥機でも温度が十分にあがるものであれば、効果は期待できます)

業務用なので、布団のような大きいものでも、しっかり乾かせるだけの十分な広さがあります。

ただし、乾燥機はとても高温な環境なので、洗濯表示が60℃以下のものは避けましょう。

タンブル乾燥

通常は洗濯機で洗ったものを乾かすのに使いますが、布団を洗うのは少し技術がいることなので、とりあえず布団を乾燥させてみるだけでもいいでしょう。

コインランドリーの乾燥機
  • コインランドリーの業務用乾燥機の熱風はダニ退治には十分高い
  • 乾燥させたい布団の洗濯表示にある温度制限には注意

また、ファブリーズやアイロンでの熱風はダニ退治に効果があるのか知りたい方はこちらの記事にまとめてみました。

布団のダニはファブリースやリセッシュで退治できるの?実際に効果的なダニ対策とは!?

「ダニってファブリーズやリセッシュで退治できそうだけど、実際本当に効果あるのかな?」 布団を始め、布類や消臭や除菌効果で有名なファブリーズやリセッシュ。 消臭がメインの効果といえども、「除菌効果がある ...

続きを見る

布団のダニはドライヤーで駆除できるのか?やり方をご紹介!

「ダニはドライヤーの熱で駆除できる」 ネットでダニ対策について調べているとき、このような話を聞いたことはないでしょうか。 最近のダニ対策は、天日干しだけでは効果が足りないと言われたり、さまざまなグッズ ...

続きを見る

布団のカビはどうすれば?クリーニングに出した方がいいの!?

布団のカビ自体は低刺激で安全性の高い重曹とエタノールを利用して落とすことが可能です。

もちろん漂白剤やハイターなどはより強力なので、刺激の強い点が気にならない方はそちらの方が早くカビ取りをすることができます。

布団のカビの落とし方重曹やハイターで綺麗に復活?

布団を天日干ししよう思っても、天気の良い日は仕事だったり、外の花粉が気になったりして、なかなか思い通りにできません。 布団のカビを見つけてしまったら、カビが繁殖してしまう前に、処置したいですよね。 ポ ...

続きを見る

ただしどちらの方法でも完全にカビを取り切るのは難しい点と、生地を痛めてしまったり、色落ちしてしまう可能性もありますので、基本的にはプロにクリーニングを依頼することをお勧めします。

更新日:

Copyright© フワピカ , 2020 All Rights Reserved.