布団クリーニング部 自分で洗う

湯たんぽが原因で布団にカビが生えた時の対処法!

更新日:

じんわりと体の芯までを温めてくれる湯たんぽを睡眠の時に利用している人がいます。湯たんぽは、お湯を使っているので、少しずつ緩やかに温度が下がるので、自然な優しい温もりのような感じを好む人は多いです。

湯たんぽ使っていて布団にカビが生えてしまう時があるのか調べていきます。

湯たんぽのせいで布団にカビが生えた時の対処法

湯たんぽは、一気に冷たくなる事はありません。冷えている部分を温めて、時間が経つと徐々に温度が下がっていきます。

徐々に下がるのは、人が深い眠りに付けるようになる最適なアイテムです。

冬は布団の中が冷たいので、体が温まるまで時間がかなりかかります。その為に、湯たんぽを寝る1時間前に用意して、布団の中に入れておくと、就寝する時にちょうどよく布団が温められている状態です。

湯たんぽは、どうしても、容器の中にお湯を入れて使用するので、湯たんぽの湿気が心配になってしまいます。

湯たんぽも進化していて、お湯を使わないものもてできています。お湯の代わりに、湯たんぽの中に入っているジェルや小豆をレンジで温めるタイブや内部の液体を温める充電式ようなタイプなどいろいろ出ています。

冷たい布団に、暖かい湯たんぽを入れると、そこに温度差が生まれます。

また、湯たんぽは、お湯を利用して徐々に冷たく冷えていきます。温まったあとに冷えるので、窓の結露と同じようになってしまい、布団が水分を含んでしまう為にカビが生えやすい状態になります。

布団に発生したカビは、最初は、掃除機で表面のカビを吸い取ります。掃除機を浮かせて取るようにするのがコツです。擦ってしまうと、余計にカビを敷布団に浸透させる事になってしまいます。

その後に、重曹と消毒用エタノールをボトルに用意して、重曹スプレーをカビに吹きかけて数分間放置します。

重曹で汚れを浮かして軽くティシュなどで取ります。その後にエタノールスプレーをカビ部分にスプレーして殺菌処理を行います。

湯たんぽを使うときのカビ対策

湯たんぽの素材は、金属製やプラスチック製やゴムや陶器など色々あります。それぞれの素材に適したお湯の温度があります。

湯たんぽをずっと同じところに当てておくと低温火傷を起こしてしまいます。その為に、必ずカバーやタオルなとで覆うようにして使うべきです。

湯たんぽから、湿気が出てしまっても、カバーやタオルが吸収してくれるので、布団が吸収する水分は少なくなります。水分の吸収か減少するのでカビが発生しにくくなります。

気をつけなければならないのは、栓をきっちり閉めないと、少しづつ水が漏れてしまいます。

お湯が漏れていれば布団は水分を吸収しまうので、湯たんぽを使用する時は、栓がしまっているか必ず確認するようします。

湯たんぽの場合は乾燥することがありません。

湯たんぽは、乾燥しないので、湯たんぽを長時間使用してても換気の必要はいりません。電気も使用しないので省エネです。しかし、布団は水分を吸ってしまうとジメジメしてしまいます。

自分で布団のカビをとる方法はいろいろあります。水分を飛ばしてフカフカにする事は自分でもできますが、布団の内部に浸透しているカビや汚れを除去する事は難しいです。

時間だけかけても満足するカビ取りはできません。そんな時はハウスクリーニングを利用するのもひとつの手です。

手入れが面倒なら布団クリーニングの利用もありです!

布団の下などのカビは、しょっちゅう確かめる場所ではないので、カビになかなか気づかない時があります。汚れだと思っていたら、本当はカビだったということもあります。

布団の中には高価なものもあり、お気に入りの布団にカビが生えているのを発見した時はショックを隠せません。

どうしても、自力ではカビのシミをキレイにはできません。そんな時は布団クリーニングに出すのもひとつの方法です。

布団クリーニングでは、落とすのが無理なんじゃないと思える程のかなりひどいカビでもきれいにしてくれます。

布団のカビを表面だけでなく、内部からも徹底的にキレイにしたいなら、プロの布団のクリーニングがおすすめです。

布団のクリーニングでは、洗えない素材は、ほとんどありません。洗濯表示を確認して、水洗いOKや洗濯OKなら、クリーニングに間違いなく出すことができます。

羽毛布団や羊毛布団、綿布団からポリエステルやアクリルなどの化学繊維繊でもも洗濯表示でOKなら大丈夫です。

寝具が衛生的だど快眠できるので、1度布団のクリーニングをお願いすることをおすすめします。

最近は宅配クリーニングがおすすめ!

さらに最近はふとんの宅配クリーニング専門店も増えて来ています。

重い布団を持ち運びしなくても良い点や、時間の融通がきく点が人気で、都市部や若い方を中心に利用者が広まっています。

ポイント

  • 重い布団を持ち運ばなくても、自宅で布団の発送・布団の受け取りが可能
  • 価格面でも専門店なので、割安でクリーニング可能!
  • 専用の集荷袋によって複数枚の布団が一度に送れる
  • アレルギー対策など、自分にあったサービスのお店が選べる
宅配クリーニングなら家の近くに良いお店がなくても、いろんなお店の中から自分にあった人気のお店を選べるのがポイントです。

気になる方はぜひこちらのランキングを見てみて下さいね!

おすすめ!

ふとんの宅配クリーニングを行っている、おすすめ店が知りたい方はこちらをクリック☆

ふとんクリーニングのおすすめランキングはこちら

-布団クリーニング部, 自分で洗う

Copyright© フワピカ , 2020 All Rights Reserved.