布団クリーニング 布団クリーニング方法

布団のカビはコインランドリーで落ちるのか?

更新日:

フローリングに敷いている布団を裏返すと、裏側全体にボツポツとカビが生えてしまって驚いてしまう事があります。

カビの生えた布団にそのまま寝るのは、衛生的にも良くないですし、今回は布団をコインランドリーで洗うことで、カビを落とすことが出来るのか調べていきます。

コインランドリーで布団のカビは落とせる?

布団は風呂場と同じくらいカビが生えやすいです。適温・高湿度・栄養分が全て揃っているのが布団です。

カビは布団の表面だけでなく、内部の汚れから来ていますので、丸洗いをすることで理論的にはふとん内部のカビを撃退することが出来ます。

布団を丸洗いすることができる大型のコインランドリーが増えてきていますので、がんばれば布団内部のカビを自分で除去することが可能です。

なお一旦布団や衣類に付いた黒カビは根付いてしまうと落とすことが困難です。

クリーニングすることでカビ自体を殺菌はできますが、変色してしまった黒ずみ部分をどうにかしたい場合は、漂白剤などを使う必要があります。(ただし布団を傷つける可能性もあるので自己責任で!)

ポイント

カビの生えた布団でコインランドリーを利用しようとした時、まず最初に、布団の洗濯表示で、水洗いができるか確認します。

手洗い、または洗濯機の使用可というマークがあれば、水洗い可能なので、コインランドリーを利用できます。

また気をつけなければならないのが、羽毛布団です。羽毛を包んでいる布の素材が、シルクウールの場合洗濯ができません。

キルティング加工でない布団を洗う場合は、丸めてから紐で縛るようにしないと、中の綿や羽毛がよれてしまって、布団の中を壊してしまう事になるので、ビニール紐などで構わないので縛るようにします。

カビてしまった布団洗いの重要なポイントは乾燥にもあります。生乾きだとまた繁殖するおそれがあるので、しっかり乾かしていきましょう。

幸いなことにコインランドリーの乾燥機は、パワーが強いものが多いです。布団を熱風で乾かすことができるので、高温で乾燥する事によって、ダニやカビを死滅する事ができますが、布団全体をうまく乾燥できない時があります。

布団は水分を含むと重くなります。布団をしっかりと乾燥させるために、ちょうど良い容量のものを選ば必要があります。

小さすぎるとしっかり回りきれないので、布団の乾きが悪くなります。ドラムの3分の1以内に収まるサイズの乾燥機を選ぶのがベストです。

乾燥機から出しても湿っぽく感じる場合は、できれば自宅で天日干しをしたいですね。

布団が乾く時間はおおよそ60分。乾燥機の費用が800円前後で、布団1枚をコインランドリーで洗うと1,400円前後で洗うことが出来るので、コインランドリーは意外と経済的です。

大型のコインランドリーで洗う方が、自宅洗うよりしっかりと雑菌対策ができて衛生的です。

なお、コインランドリーの乾燥機だけ利用するのも雑菌対策としてGoodです。殺菌効果が見込めますので、何もしないよりも断然効果が高いです。

ただし、自分で行うふとんクリーニングはどうしても布団を痛めてしまう可能性があります。

カビを取り除く事ができても、布団がよれてしまったり、ボロボロになってしまって使い心地が悪くなってしまっては元も子もありません。

コインランドリーは便利ですが、ふとんを自分で洗うためには注意しなければならないところが多いので、仕上がりや洗い方に不安な方は、プロの布団クリーニングを利用してみてもいいと思います。

より安心してカビを落としたいなら布団クリーニング!

家庭やコインランドリーで、布団を洗おうとすると、長い時拘束されてしまいます。そんなお悩みも最近流行りの宅配クリーニングを利用する事で解消する事が出来ます。

宅配クリーニングのポイントは、ふとん洗いの専門店などニーズに合わせたお店を利用できるところ!

専門店で丸ごと水洗いすると、布団の表面の汚れやカビだけでなく、布団の内部に潜むカビやダニのふんや死がいを全て洗い流すことができます。

布団クリーニングでは、羽毛布団や羽根布団羊毛布団など、布団の種類に適したクリーニング方法で洗ってくれるので、素材を痛める事がありません。

また専門店の布団クリーニングでは、布団の綿が痛まないように、布団洗い専用の洗剤を使用して汚れを落としていきます。

ふとんの素材や状況に合わせた洗剤を利用する事で、汗や皮脂やアカやカビや花粉などを効率よくキレイに洗い流します。

布団の表面だけでなく内部も痛める心配がありません。仕上げに大型布団乾燥機を使って熱処理乾燥をして滅菌処理を行います。

布団を乾かすには技術がいるので、この点も個人で行う洗濯との大きな違いとなります。しっかりと乾かすことで、長く布団が使えて衛生的になります。

お店によって値段はいろいろありますが、1枚で依頼するよりも、上掛け、敷ふとんなどを数枚組にして出した方が割安になります。

1枚4,000円~9,000円位のものが、3枚で10,000円~15,000円にしている店が多いです。

布団は大きいので持ち運ぶのが一苦労ですし、クリーニング店に持って行くのも大変です。

宅配クリーニング店なら集荷サービスを行ってくれますので、自宅にいながら手続きがすべて終わります。

注文も手軽にスマホやパソコンから手軽にできますので、クリーニング店の営業時間をいちいち気にする事がありません。

小さな子供やあかちゃんがいる人や日中仕事で忙しい人にとっては、嬉しいサービスですね。

いかがでしたか。自宅で丸洗いする事が難しいカビの生えた布団を、コインランドリーで洗うのものひとつの方法になりますが、きっちりとカビをきれいにしたい方・手軽にきれいにしたい方はプロのクリーニングにおまかせするのも一つの方法です。

おすすめ!

ふとんの宅配クリーニングを行っている、おすすめ店が知りたい方はこちらをクリック☆

ふとんクリーニングのおすすめランキングはこちら

-布団クリーニング, 布団クリーニング方法
-

Copyright© ふわぴか , 2020 All Rights Reserved.