クリーニング方法 衣類クリーニング部

アンゴラ素材の洗濯は、自宅でできる? フェルト化、毛玉を防ぐケア方法

更新日:

アンゴラの特徴についてご存知ですか?きちんと知らずに洗うと思わぬことになることも!

今回はどんな特徴があるのか・自分でケア出来るのか・クリーニング出した方がいいのか、それぞれのチェックポイントを調べてみました。

是非この記事を参考にして、大事な服をきれいに維持してくださいね。

アンゴラとは

アンゴラとは、白く長い毛を持つ「アンゴラうさぎ」からできた動物繊維です。

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維や、ラムウール(羊毛)との混紡の場合もあります。

刈り取りではなく、アンゴラうさぎの換毛期に、抜けそうな毛を抜くため、長くて質の良い毛が採れるんですね。

ただし効率が悪いため価格が高くなりがちです。

世界のアンゴラ繊維の90%は中国で生産されていると言われています。

保温力抜群で、セーター、カーディガン、コートなどに使われています。

アンゴラのメリット

毛の中心が空洞になっているため軽く、保温性に優れています。

暖かさはウールの3倍とも言われるほど。

保湿性にも優れていますよ!

光沢が有り、パステルカラーの染色が特に美しく映えます。

アンゴラのデメリット

獣毛繊維の中でも特にデリケートな点がデメリット。

ドライクリーニングでさえも、毛が絡まる「フェルト化」が起きて、繊維が硬くなりやすいです。

また、ラムウールと違って繊維がスケール(うろこ)状ではなく、直毛で表面が滑らかなため、毛が滑って抜けやすいんですね。

抜け毛で衣服が薄くなってくる点や、表面の毛羽が他の衣類につくこともデメリットと言えるでしょう。

他にも、毛玉ができやすい、虫食いが起きやすい、静電気が起きやすい、アンゴラの混紡率が高いと汗をかいた状態で摩擦が強いと縮みやすくなるなどの欠点があります。

手入れが大変なのですが、服の輪郭線状に無数に立つ毛はボディラインを絶妙に隠すため、女性からの人気が高い繊維でもあります。

アンゴラ素材の服をクリーニングするべき頻度は?

アンゴラ素材の服は、洗濯やクリーニングするごとに毛が抜けて薄くなるため、高頻度でクリーニングするべきではありません。

しかし衣替えの時期など、長期保管前に一度はクリーニングに出して汚れや染み込んだ汗を綺麗にしておくべきでしょう。

特に、汗が染み込んだ状態で保管すると、酸化による黄ばみや悪臭の原因になります。

アンゴラの正しい洗濯方法は?

アンゴラ100%の服は、ほとんどのケースで自宅での洗濯は不可です。

ただし、アンゴラと化学繊維との混紡の場合など、洗濯表示が洗濯可能となっていることもあります。

洗濯前の確認・注意点

洗濯可の場合でも慎重に手洗いするのが前提です。

アンゴラ素材は、獣毛系の繊維の中でも、特に繊細。ドライクリーニングでさえもフェルト化が起こり、ゴワゴワに硬くなって縮んでしまいます。

セーター系など、袖が通らないくらい派手に縮むため、自宅での洗濯時は要注意です。

洗剤って使用した方がいいの?

洗濯表示を確認し、アンゴラ素材の場合は中性洗剤(おしゃれ着洗い用)を使いましょう。

通常のアルカリ性洗剤や、漂白剤は避けましょう。

中性洗剤は、エマール(花王)や、アクロン(ライオン)などが有名ですが、洗浄力には劇的な差はありません。

好きな香りかどうかで選ぶ人もいるほどです。

例えば、エコベール(ECOVER)は、植物由来成分の洗剤で、敏感肌の人でも安心して使えるのが特徴。

ヨーロッパを中心に、ロングセラー商品として愛用されています。

洗濯の手順について解説!

ここからは実際の洗い方について、細かく解説していきますね。

容器にぬるま湯を入れ、中性洗剤を溶かして、洗浄液を作ります。

アンゴラ素材の服を、つけ置きしてして、ゆすり洗い(10分程度)。押し洗い、もみ洗いやつまみ洗いは避けます。

容器を綺麗なぬるま湯に入れ替え、すすぎ洗いし、泡を綺麗に落とします。

たたんで、洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分脱水します。

風通しの良い場所で陰干します。このとき、繊維が伸びないように平干しするのがポイント。

乾燥機って使って良いの?

アンゴラ素材は毛が抜けやすいため、乾燥機は使わないほうが良いでしょう。

干す場合は、日光によるダメージを避けるため、天日干しではなう陰干しにします。

アイロンって使っても良いの?

当て布をしたとしても、アンゴラ素材にアイロンは避けたほうが良いでしょう。

ただし、毛がペタンと寝てしまった場合には、スチームが有効。

繊維を直接プレスしないようにスチームを浮かし掛けし、寝てしまった毛をブラシで手入れすることで、毛並みを整えることができます。

アンゴラを長持ちさせる、普段のお手入れ方法は?

「水洗い不可」マークのついた衣類は、自宅では洗濯することができません。

すぐにクリーニングに出すのが難しくても、普段からケアしておけば大切な服を長く使うことができます。

今回は家で出来る簡単なお手入れ方法をご紹介していきますね。

ケア方法①:汚れは拭き取り、臭い対策はスチームで

アンゴラ素材の服に汚れがついたときは、濡らしてしぼった布やウェットティッシュで叩くように拭き取ります。

臭いがついたときには、アイロンのスチームが有効。

浮かし掛けで、スチームを掛け、汚れを飛ばします。水蒸気で汗の匂いも分解可能です。

ケア方法②:ブラッシングと毛玉ケア

柔らかいブラシで毛並みを整えることで、ホコリが取れ、美しさと風合いを保てます。

化学繊維の洋服ブラシは静電気が起きてホコリが取れないため、天然素材の馬毛のブラシがおすすめ。

毛玉ができたら、ひっぱらずに小型のハサミや毛玉取り器でケアします。

毛玉取り器の電気シェーバータイプのものは、毛玉周辺の毛を巻き込んで服に穴を開けてしまうことがあります。

ブラシタイプか、手動式の毛玉取り器を選ぶと良いでしょう。

また、アンゴラ素材に毛玉ができやすい理由の一つは、静電気が起きやすいためです。

静電気防止スプレーを使い、アンゴラ素材の静電気ケアをしておきましょう。

アンゴラ素材の服を着る際の注意点

アンゴラ素材は、ショルダーバッグやベルトなどとこすれ合うと、毛が寝たり抜けやすくなります。

リュックサックなど、常に同じ箇所に摩擦が起きるカバンとは相性が悪いと言えるでしょう。

静電気が起きやすく、抜け毛が他の衣類にもつきやすいので、アンゴラ同士や硬い素材との重ね着はなるべく避けるのが良いでしょう。

連続着用は避け、1日着たら2,3日休ませながら使うようにします。

アンゴラの保管方法は?

アンゴラ素材の服を押入れの中で保管する際の注意点をまとめました!

カビや虫食いの被害に合わないためにも、下記のポイントをしっかりケアしてくださいね。

気を付けるポイント①:湿気を帯びての摩擦で縮みやすい

アンゴラ素材は保湿性が高い反面、保管時には湿気を溜め込みやすいことが欠点にもなります。

クリーニングから戻ってきたらビニールから出し、2、3日陰干しして湿気を乾かしましょう。

また、他の衣服との摩擦で毛が抜けたり傷んだりしやすいため、クローゼットにハンガーで保管する場合は不織布の洋服カバーをかけると良いでしょう。

ビニールのカバーは湿気を溜めやすいので避けてくださいね。

不織布は風邪用のマスクにも使われる素材で、通気性が良いのが特徴。

ホームセンターや通販などで、1枚300円程度で買えます。

気を付けるポイント②:虫食いが起こりやすい

アンゴラは、毛の柔らかい天然素材。虫食いの原因となる、カツオブシムシ、イガ、コイガなどの虫の大好物です。

保管時には、必ず防虫剤を設置しましょう。

防虫剤の効果は上から下に流れるため、クローゼットならハンガーのように掛けられるタイプが良いでしょう。

なお、ナフタリンなどの有臭防虫剤は、2種類以上を併用すると化学反応を起こして溶け周囲の衣服を汚すことがあります。

おすすめは、無臭の防虫剤。

人体への影響も少なく、他の防虫剤と併用が可能です。

無臭系の中でも、人体に優しいピレスロイド系防虫剤(市販品では、ムシューダ、ミセスロイド、ゴンゴンなど)がおすすめ。

意外な落とし穴?アンゴラをクリーニングに出す際の注意点

アンゴラは、繊維としては上質素材という扱いになるため、クリーニング点によっては追加料金がかかる可能性があります。

化学繊維等との混紡の場合に、何%からアンゴラ扱いになるかを細かく決めている店もあります。

料金表に特に何も記載がなくて安い店は要注意!!

何も考えずに機械的にクリーニングしてしまうようなことはないでしょうが、念の為にアンゴラ素材をどのようにクリーニングするのか、店に確認しておいた方が良いでしょう。

心配な方はプロにお任せ!

自分で洗うのが心配な方、面倒な方はお店にクリーニングに出す方がいいかもしれません。

自分の家の近くで出すのでもいいですが、モノによってはお願いするお店を選んだ方がより良いと思います。

今の時代は、宅配クリーニングを利用すれば、自分の生活にあったお店を選んで使うこともできますので、是非候補にいれてみてくださいね。

おすすめ!

宅配クリーニングを行っている37社を調べてみました!最新のおすすめ店が知りたい方はこちらをクリック☆

宅配クリーニングのおすすめランキングはこちらをクリック!

 

【クリーニング店 おすすめ3選】
No.1 リコーベ:【安さ◎】10点パックでコスパ良し!
No.2 リネット:【便利さ◎】業界最大手、1点からOK!
No.3 リナビス:【保管◎】おせっかいクリーニングで安心です!

リコーベ(recobe)

10点パックがコスパ良し!

リコーべ

使い方のポイント

  • ダウン、コート、ワンピース、学生服など何でも10点で9,500円の高コスパ料金設定!
  • しかもYシャツや子供服は3枚で1点分のカウントで使いやすい!
  • ファミリープランなら、衣類の他にマットや毛布も一緒にクリーニングOK

リコーベならダウンなどの単価が高いアイテムを含めて、色んな組み合わせができるので他のお店よりも家庭ごとに合わせた使い方ができます。

ダウンやコートでも1点1,000円程度でクリーニングできるのは非常にコスパが良いですね。

リコーベの枚数カウント表

普段使いから衣替えの時期まで幅広く使えるお店ですが、唯一の注意点は、職人さんの手作業があるため受けれる注文に限りがある点。

シーズン時は混み合いますので、お申込はなるべく早めがです!

 

リネット(lenet)

業界最大手リネット

リネットの公式画像

リネットの特徴まとめ

  • アンケートで『標準よりキレイになった』と答えた人が97%の満足度!
  • キャンペーンが充実していて、現在は初回50%オフ☆
  • 洋服のふわふわ、つやつや加工を行う『プレミアム仕上げ』が無料サービス中!

リネットは現在初回50%オフ+ プレミアム会員費2ヶ月無料のキャンペーン中!元々普段使いしやすいお値段が、今ならさらにお安くつかうことができます。

リネットの料金

キャンペーンを使えば宅配クリーニングの最安値価格で利用出来るので、コスパの面でも使いやすいお店だと思います。

 

リナビス

おせっかいクリーニングのリナビス

おせっかいクリーニング『リナビス』の公式画像

リナビスの特徴まとめ

  • 自然乾燥、全品手仕上げの職人仕事
  • 最長9ヶ月の保管サービスが無料でつけられます
  • 子供服は2点で1点計算の嬉しい仕様
  • 往復の送料無料!(北海道、沖縄、一部離島のみ有料)
  • リピート割引あり
『おせっかいな田舎のおばちゃん・おっちゃんが他では「手間でやらない」をやります』がモットーです。

リナビスは、送料無料・しみ抜き無料・ボタン修理無料・クリーニング相談無料・9ヶ月保管無料・再仕上無料・毛玉とり無料・おせっかい無料がポイントです。

リナビスの無料サービス

会員になると季節ごとにクーポンが届くので、長くおつきあいするとドンドンお得に使うことが出来ますよ。

パック制なのでコートやダウンなど衣替えアイテムの利用がおすすめです。仕上がりも丁寧で、ブランド品や革製品をお願いしたい人のために、特別なコースがあるのも嬉しいですね。

こちらもリコーベ同様、職人による手仕事なため繁忙期は申込みが埋まってしまうことも。

特に保管込みコースが人気なため、季節のアイテムの申込はお早めに!

-クリーニング方法, 衣類クリーニング部

Copyright© フワピカ , 2020 All Rights Reserved.