クリーニング方法 衣類クリーニング部

リネンの洗濯、自宅でできる? 保管前クリーニングの必須オプションとは

更新日:

リネンの特徴についてご存知ですか?きちんと知らずに洗うと思わぬことになることも!

今回はどんな特徴があるのか・自分でケア出来るのか・クリーニング出した方がいいのか、それぞれのチェックポイントを調べてみました。

是非この記事を参考にして、大事な服をきれいに維持してくださいね。

リネンとは

リネン(亜麻)は麻の一種で、優雅な光沢と滑らかな肌触りから、古代エジプトでは「月光で織られた生地」と呼ばれていました。

ハリがあって丈夫で涼しく、繊維強度が強いのが特徴です。

リネン100%の繊維は、普通に紡績することができないので、潤紡(じゅんぼう)という方法を使います。

簡単に言うと、熱いお湯を使って、繊維を溶かしながらくっつけて布にしていくんですね。

お湯で溶け出す成分(ペクチン)がノリのように布全体に広がるため、あの光沢感と滑らかな肌触りを生み出しているんです。

リネンの最高品質は、アイルランド産のアイリッシュリネン。

高品質ゆえに値段もお高いです。一般的なのは、お値段のわりに良品質な、フランス産のフレンチリネン。

例えば、ユニクロの「プレミアムリネンシャツ」は、フレンチリネン100%で7種のカラーバリエーションがあり、お値段1,290円というお手頃価格です。

リネンのメリット

シャリ感のある肌触りと光沢に加えて、湿気を吸い安く乾きやすいという特徴があります。

夏服用の素材としては、汗をかいても肌にベッタリと張り付かず、さらりと乾くため優秀と言えるでしょう。

基本的に、自宅の洗濯機で洗濯が可能で、使い勝手が良いです。

リネンのデメリット

最初の洗濯で縮みやすいという欠点があります。

面積で最大10%は縮むと言われています。

ただし、一度水通しをしてから仕立てた服(ワンウォッシュ加工)は、すでに一度水を吸って乾いた状態のため、極端に縮むことはありません。

繊維が硬いため、シワができやすく、洗濯時には干し方にひと工夫必要となります。

また、繊維の奥に染料が浸透しにくいため、濃い色のリネンは色落ちしやすいです。

リネン素材の服をクリーニングするべき頻度は?

ユニクロのリネンシャツなど、安価なリネン素材の服は、洗濯機で洗濯可能な場合がほとんど。

汚れが気になったら、都度洗うとよいでしょう。

ただし、リネンジャケットやリネンコートなど、縮みが起こるとシルエットが大きく崩れてしまう服は、自宅での洗濯ではなくクリーニング店に出すべきでしょう。

特に衣替えの時期など、長期保管前には目に見えない汚れを落とすためにもクリーニングに出しましょう。

残った汚れを放置すると、次のシーズンでシミや黄ばみになる可能性があります。

リネンの正しい洗濯方法は?

多くのリネン服は、弱アルカリ性の一般的な粉洗剤で洗濯が可能です。

洗濯表示に従って、洗い方や温度、洗剤などを選んでください。

洗濯不可の場合「リネンは丈夫だから洗濯できるだろう…」と、自宅の洗濯機を使ってしまうと、服が不均一に縮んでしまい、元の状態に戻せなくなるので注意しましょう。

リネン製のジャケットやコートなどは、クリーニング店に依頼するのが無難です。

洗濯前の確認・注意点

濃い色のリネンは、色落ちに注意しましょう。

白地のタオルに洗剤を染み込ませて、リネン素材の服の目立たない部分をポンポンと軽く叩いて、色移りしないかどうか確認します。

色移りするようなら、単独で洗濯します。

洗剤って使用した方がいいの?

同じリネンでも、服ごとに使える洗剤が異なるため、洗濯表示を確認しましょう。

なお、濃い色のリネンは、漂白剤や蛍光剤の入った洗剤は色落ちの原因になります。

特に服を長持ちさせたい場合は、繊維にダメージを与えにうい中性洗剤を使って、手洗いするのが良いでしょう。

洗濯の手順について解説!

ここからは実際の洗い方について、細かく解説していきますね。

手洗いする場合は、以下の手順でおこないます。

ぬるま湯を容器に入れ、おしゃれ着用の中性洗剤を溶かして洗浄液を作ります。

服を裏返しにして、洗浄液に入れ、やさしく押し洗いします。

容器を綺麗なぬるま湯に入れ替え、泡が無くなるまですすぎます。綺麗になるまで、2,3回水を入れ替えます。

バスタオルで、ある程度の水分を取ります。リネンは、濡れた状態のまま干しておく(ウェットドライ)とシワが伸びやすいです。水分を残したまま干しましょう。

完全に脱水してから干すと、全体に強いシワがついてしまい、シワのまま乾いてしまいます。

染色性が低いリネンは、直射日光で色あせする可能性があるので要注意!

陰干しで自然乾燥させます。

干す前に、リネンをと引っ張って、シワを伸ばしてから干しましょう。

シャツなど、ハンガーの型がつくのが気になる場合は、太めのハンガーで干しましょう。

乾燥機って使って良いの?

リネンは、乾燥する過程で摩擦を加えると、濃いシワがついてしまいます。

完全に乾燥したら、アイロンを掛けてもシワは取れません。

「わざとクシャクシャにして着たい」という場合以外は、乾燥機は使わないほうが良いでしょう。

また、特に色が濃いリネン服の場合は、日光で色あせが起こる可能性があるため、天日干しは避けて陰干しにしましょう。

アイロンって使っても良いの?

洗濯表示次第ですが、シワを伸ばす場合などは、白い綿のハンカチなどで当て布をしてアイロンしましょう。

なお、リネンは完全に乾いた状態ではシワが伸びないので、スチームを当てるか、半乾き状態にアイロンをかけるのがコツです。

リネンを長持ちさせる、普段のお手入れ方法は?

「水洗い不可」マークのついた衣類は、自宅では洗濯することができません。

すぐにクリーニングに出すのが難しくても、普段からケアしておけば大切な服を長く使うことができます。

今回は家で出来る簡単なお手入れ方法をご紹介していきますね。

ケア方法①:シワ対策

リネンの欠点は、すぐに強めのシワがついてしまうこと。

シワがつくたびに洗濯やクリーニングは面倒という場合は、霧吹きやスプレーである程度湿らせてから、陰干しするだけでもシワが伸びます。

また、洗濯時に「完璧じゃなくても、ある程度シワが伸びてれば良い」という場合はアイロンをかけなくても洗濯後に脱水せずシワを伸ばして濡れ干しするだけでもOKです。

ケア方法②:ネップ対策

リネン素材には、新品でも表面にごく細かい毛玉のようなもの(ネップ)がポツポツと出ています。

リネンのの繊維が絡まってできた糸の節が、生地表面に出たもので、縫製上の不良というわけではありません。

ただし、単色生地にできると目立つため、気になる場合は手芸用のほつれ補修針を使って、簡易的に補修してしまいましょう。

ネップの表側の中心に針をさし、裏側に引き出すようにして針を抜きます。

これを繰り返すと、ネップが生地の裏側に押し込まれて、目立たなくなります。

リネン素材の服を着る際の注意点

リネンは、表面がサラッとしているため、比較的汚れが落ちやすい素材です。

汚れがついてしまったら、ゴシゴシこすらずタオルやハンカチなどで汚れを吸わせるようにすると良いでしょう。

なお、濃い色のリネンは色落ちしやすいため、汗や雨には要注意です。

リネンの保管方法は?

リネン素材の服を押入れの中で保管する際の注意点をまとめました!

カビや虫食いの被害に合わないためにも、下記のポイントをしっかりケアしてくださいね。

気を付けるポイント①:カビ対策

リネンは、乾きやすい素材ですが、クリーニングから戻ってきたときについてくるビニール袋は外して保管しましょう。

湿気を溜め込み、カビの原因になる可能性があります。

リネン自体にカビが生えなくても、収納している隣の衣服からカビが発生して移ることも考えられます。

梅雨など湿気がこもりやすい時期には、クローゼットに除湿剤を設置したり、引き出しの四隅にシリカゲルを置くなど、湿気対策をおこないましょう。

気を付けるポイント②:虫食い対策

リネンは虫食い被害が起こりやすい繊維です。繊維を食い荒らすカツオブシムシやイガなどの虫は、リネンなどの天然素材が大好物なんですね。

防虫剤を設置して対策しましょう。

防虫剤の成分は上から下に流れるため、クローゼットなどでは上部に設置するようにしましょう。

また、2種類以上の防虫剤を同時使用すると、化学反応が起こって防虫剤が溶けて周囲が汚れるなどのトラブルが起こる可能性があるので注意です。

無臭の防虫剤(ムシューダや、ミセスロイドなど)を使うと、化学反応の心配がない上、臭いもつかないのでオススメです。

意外な落とし穴?リネンをクリーニングに出す際の注意点

長期保管前にリネン素材の服をクリーニングに出す場合は、汗抜きオプションを忘れずに指定するようにしましょう。

一般的なドライクリーニングでは、油溶性の汚れは落ちても、水溶性の汗は落ちないんですね。

ドライクリーニング後の衣服を調べたら、70%もの汗が残っていたというデータもあります。

汗が残ったまま次のシーズンまで保管してしまうと、臭いや黄ばみの原因になります。

心配な方はプロにお任せ!

自分で洗うのが心配な方、面倒な方はお店にクリーニングに出す方がいいかもしれません。

自分の家の近くで出すのでもいいですが、モノによってはお願いするお店を選んだ方がより良いと思います。

今の時代は、宅配クリーニングを利用すれば、自分の生活にあったお店を選んで使うこともできますので、是非候補にいれてみてくださいね。

おすすめ!

宅配クリーニングを行っている37社を調べてみました!最新のおすすめ店が知りたい方はこちらをクリック☆

宅配クリーニングのおすすめランキングはこちらをクリック!

 

【クリーニング店 おすすめ3選】
No.1 リコーベ:【安さ◎】10点パックでコスパ良し!
No.2 リネット:【便利さ◎】業界最大手、1点からOK!
No.3 リナビス:【保管◎】おせっかいクリーニングで安心です!

リコーベ(recobe)

10点パックがコスパ良し!

リコーべ

使い方のポイント

  • ダウン、コート、ワンピース、学生服など何でも10点で9,500円の高コスパ料金設定!
  • しかもYシャツや子供服は3枚で1点分のカウントで使いやすい!
  • ファミリープランなら、衣類の他にマットや毛布も一緒にクリーニングOK

リコーベならダウンなどの単価が高いアイテムを含めて、色んな組み合わせができるので他のお店よりも家庭ごとに合わせた使い方ができます。

ダウンやコートでも1点1,000円程度でクリーニングできるのは非常にコスパが良いですね。

リコーベの枚数カウント表

普段使いから衣替えの時期まで幅広く使えるお店ですが、唯一の注意点は、職人さんの手作業があるため受けれる注文に限りがある点。

シーズン時は混み合いますので、お申込はなるべく早めがです!

 

リネット(lenet)

業界最大手リネット

リネットの公式画像

リネットの特徴まとめ

  • アンケートで『標準よりキレイになった』と答えた人が97%の満足度!
  • キャンペーンが充実していて、現在は初回50%オフ☆
  • 洋服のふわふわ、つやつや加工を行う『プレミアム仕上げ』が無料サービス中!

リネットは現在初回50%オフ+ プレミアム会員費2ヶ月無料のキャンペーン中!元々普段使いしやすいお値段が、今ならさらにお安くつかうことができます。

リネットの料金

キャンペーンを使えば宅配クリーニングの最安値価格で利用出来るので、コスパの面でも使いやすいお店だと思います。

 

リナビス

おせっかいクリーニングのリナビス

おせっかいクリーニング『リナビス』の公式画像

リナビスの特徴まとめ

  • 自然乾燥、全品手仕上げの職人仕事
  • 最長9ヶ月の保管サービスが無料でつけられます
  • 子供服は2点で1点計算の嬉しい仕様
  • 往復の送料無料!(北海道、沖縄、一部離島のみ有料)
  • リピート割引あり
『おせっかいな田舎のおばちゃん・おっちゃんが他では「手間でやらない」をやります』がモットーです。

リナビスは、送料無料・しみ抜き無料・ボタン修理無料・クリーニング相談無料・9ヶ月保管無料・再仕上無料・毛玉とり無料・おせっかい無料がポイントです。

リナビスの無料サービス

会員になると季節ごとにクーポンが届くので、長くおつきあいするとドンドンお得に使うことが出来ますよ。

パック制なのでコートやダウンなど衣替えアイテムの利用がおすすめです。仕上がりも丁寧で、ブランド品や革製品をお願いしたい人のために、特別なコースがあるのも嬉しいですね。

こちらもリコーベ同様、職人による手仕事なため繁忙期は申込みが埋まってしまうことも。

特に保管込みコースが人気なため、季節のアイテムの申込はお早めに!

-クリーニング方法, 衣類クリーニング部

Copyright© フワピカ , 2020 All Rights Reserved.