クリーニング方法 衣類クリーニング

麻の洗濯、自宅で可能?シワシワを防ぐお手入れ方法とは?

更新日:

麻の特徴についてご存知ですか?きちんと知らずに洗うと思わぬことになることも!

今回はどんな特徴があるのか・自分でケア出来るのか・クリーニング出した方がいいのか、それぞれのチェックポイントを調べてみました。

是非この記事を参考にして、大事な服をきれいに維持してくださいね。

麻とは

麻はザラッとしたシャリ感のある肌触りが特徴の繊維。

汗をかいても、体に張り付きにくいため、夏服の素材として重宝されます。

麻の種類には、リネン(亜麻)、ラミー(苧麻 ちょま)、ジュート(黄麻)、ヘンプ(大麻)などがあり、日本で使われる麻はリネンとラミーがほとんど。

リネンはサラリと冷感のある質感で、1年を通して使われます。

ラミーは、主に浴衣に使われることが多いようです。

自由区など、一部のブランドでは、ラミーを使った服を多くリリースしているところもあります。

麻を使った衣服には、シャツ、サマージャケット、テーラードジャケットなどがあり、カジュアルになり過ぎないテイストのクールビズとしても人気です。

麻のメリット

綿の4倍、シルクの10倍の吸水力があり、同時に乾きやすいです。

大量に汗をかく夏場に活躍する素材です。

引っ張られる力に対してはとても丈夫で、長く使える繊維と言えるでしょう。

麻のデメリット

洗剤でジャブジャブ洗えるイメージの麻ですが、濃い色で染色された麻は、摩擦や汗で色落ちする可能性あり。

内部まで染料が浸透しにくい、染色性が低い繊維なので洗濯時には、色移りに注意です。

洗濯しても他の繊維よりも縮む率は低いですが、最初の一回目の洗濯時には目立つレベルで縮みます。

麻100%の繊維を洗濯したら、7%近く縮んだというデータもあるほど!

いったん水を含ませた「水通し」をした繊維で作ると洗濯しても大きく縮まないのですが、市販の服のほとんどは麻の生地を裁断してそのまま仕立てています。

特に、ジャケットなど、少しの縮みでシルエットが崩れてしまうような服には注意が必要です。

麻素材の服をクリーニングするべき頻度は?

ボディラインが目立たないタイプの、ダボッとしたトップスなどは、多少の縮みは気にせず「汚れたら洗う」というスタンスで問題ないでしょう。

サマージャケットなど、家庭洗濯で縮んで型崩れしてしまう衣類は、汗の量や着る頻度にもよりますが、月に一度程度はクリーニングするのが無難。

吸い込んだ水分が乾きやすい麻ですが、汚れや臭いのもとになる菌は残ってしまうため、汚れが蓄積しないうちにクリーニングに出しましょう。

また、シーズン終わりなど長期保管前にはクリーニングに出してから仕舞いましょう!

目に見えない汚れを放置しておくと、次のシーズンでシミなどの原因になることがあります。

麻の正しい洗濯方法は?

洗濯表示によりますが、綿麻混紡(コットンリネン)は混紡率によっては縮みやすかったり、レーヨンと麻の混紡は見た目が美しい代わりに水に極端に弱い素材となります。

麻のサマージャケットなど、型崩れさせたくない衣服は、家庭での洗濯は避けましょう。

麻は最初の洗濯で縮みやすく、繊維が硬いためシワが出やすいです。

洗濯前の確認・注意点

洗濯可能な麻でも、気をつけたいのが色落ち。

特に濃い色の麻は色落ちしやすいため、白地のタオルに洗剤を染み込ませ、服の目立たない箇所をぽんぽんと叩いて、色移りしないかどうか確かめましょう。

色移りが起こるようなら、単体で洗濯するか、クリーニング店に任せるのが良いでしょう。

洗剤って使用した方がいいの?

麻の服の洗濯に使う洗剤は、いちがいに何が良いとは言えません。

アルカリ性の粉洗剤を使って洗濯機でジャブジャブ洗える服もあれば、中性洗剤を使って優しく手洗いが必要な衣類もあります。

洗濯表示をよく確認しましょう。

中性洗剤には、エマール(花王)や、アクロン(ライオン)があります。

例えば、エマールは蛍光剤不使用で、繊維ケア処方効果があり、おしゃれ着洗いの洗剤の定番と言えます。

500mlが300円強で販売されています。

洗濯の手順について解説!

ここからは実際の洗い方について、細かく解説していきますね。

できるだけ長持ちさせたい場合など、手洗いが必要な麻の服は、以下の手順で洗っていきましょう。

ぬるま湯を容器に入れ、おしゃれ着用の中性洗剤を溶かして洗浄液を作ります。

服を裏返しにして、洗浄液に入れ、やさしく押し洗いします。

容器を綺麗なぬるま湯に入れ替え、泡が無くなるまですすぎます。綺麗になるまで、2,3回水を入れ替えます。

バスタオルで、ある程度の水分を取ります。

麻は濡れた状態で乾かしておく(ウェットドライ)とシワが伸びやすいので、水分を残したまま干すのがコツ!

完全に脱水してから干すと、全体がシワシワになってしまいます。

色あせを避けるため、直射日光を避けて陰干しで自然乾燥させます。

干す前に、パンッパンッと引っ張って、シワを伸ばしてから干しましょう。

麻は乾くと、乾いたままの形で硬くなってしまいます。

シャツなど、ハンガーの型がつくのが気になる場合は、太めのハンガーで干しましょう。

乾燥機って使って良いの?

他の繊維との混紡率にもよりますが、乾燥機(タンブラー乾燥)が使えるかどうかはケースバイケース。

乾燥機使用可能な場合でも、全体がシワシワになってしまうため麻と乾燥機の相性はあまり良くないと言えるでしょう。

干す場合は、直射日光による色あせを避けるため、風通しの良い場所での陰干しが無難です。

アイロンって使っても良いの?

麻の繊維は硬く、乾いた状態でアイロンを掛けてもなかなか乾きません。

シワを伸ばしたい場合は、半乾き状態でアイロンを掛けていシワを伸ばすと良いでしょう。

いったん乾いてしまったものは、再度水で濡らしてからのアイロンがけが有効です。

直接プレスすると、色落ちやテカリの原因になるため、白無地の綿のハンカチなどを当て布に使うと良いでしょう。

洗濯表示次第ですが、シワを伸ばすのにスチームアイロンを使うと、楽にシワを伸ばせます。

麻を長持ちさせる、普段のお手入れ方法は?

「水洗い不可」マークのついた衣類は、自宅では洗濯することができません。

すぐにクリーニングに出すのが難しくても、普段からケアしておけば大切な服を長く使うことができます。

今回は家で出来る簡単なお手入れ方法をご紹介していきますね。

ケア方法①:シワ対策

麻は硬い繊維なので、シワができるとなかなか取れません。

洗濯可能な服なら、いったん水に濡らしてからアイロンがけすると、シワが伸びます。

スチームも有効です!

時間がないときは、霧吹きなどで湿らせてから、引っ張ってシワを伸ばし、陰干しで放置するだけでもある程度シワが伸びます。

また、干す場合は、脱水をせずに水がボトボトしたたり落ちるくらいの状態で、シワを伸ばしてから干すと、シワシワにならずに乾きます。

ケア方法②:汗・雨対策

水洗い不可の麻のサマージャケットなどは、大量の汗を吸い込んだり、雨でびっしょり濡れたときなど、乾く過程で縮むケースがあります。

汗をかきそうな場面では、こまめにジャケットを脱いだり、外出時にはゲリラ豪雨などに備えて、最低でも小型の折り畳み傘を持ち歩きましょう。

濃い色の麻の服は、汗や雨で色落ちが起こることもあります。

麻素材の服を着る際の注意点

麻は、染料が定着しにくく、色落ちしやすい素材です。

特に濃い色の服の場合は、汗をかいた部分が色落ちする可能性あり。

脇の下など、汗をかきやすい部分は、汗取りパッドなどを使いましょう。

麻の保管方法は?

麻素材の服を押入れの中で保管する際の注意点をまとめました!

カビや虫食いの被害に合わないためにも、下記のポイントをしっかりケアしてくださいね。

気を付けるポイント①:湿気対策

クリーニングに出した麻の服は、ビニールから出して保管しましょう。

そのままだとビニール内に湿気がたまり、カビになる可能性があるためです。

麻は湿気を吸いやすいと同時に、乾きやすい性質があります。

しかし、梅雨の時期など、引き出しやクローゼットに湿気が充満した状態だと、麻の服に吸い込まれた湿気は逃げ場がなくなって湿ったままに。

湿度の高くなる時期は、引き出しやクローゼットに、除湿剤を置くと良いでしょう。

気を付けるポイント②:防虫対策

天然素材である麻は、虫食い被害に合いやすい繊維。カツオブシムシ、イガ、コイガなどの虫の大好物なんですね。

防虫剤を設置して、虫食い対策をしましょう。

なお、防虫剤は1種類のみ使うようにしましょう。

2種類以上を同時に使うと、思わぬ化学反応を起こして防虫剤が溶け、周囲の衣服を汚すなどトラブルのもとになります。

意外な落とし穴?麻をクリーニングに出す際の注意点

保管前に、麻の服をクリーニングに出すときは、「汗抜きオプション」を必ず指定しましょう。

ドライクリーニングだけでは、汗が抜けないためです。ドライクリーニング直後に測定したら、汗が70%も残ったままだったというデータもあるほど。

汗が残ったまま保管すると、次のシーズンに汗ジミとなってしまうことがあります。

目で見えない汚れが付いている場合もあるため、衣替えの時期などは、必ずクリーニングか洗濯をしておきましょう。

心配な方はプロにお任せ!

自分で洗うのが心配な方、面倒な方はお店にクリーニングに出す方がいいかもしれません。

自分の家の近くで出すのでもいいですが、モノによってはお願いするお店を選んだ方がより良いと思います。

今の時代は、宅配クリーニングを利用すれば、自分の生活にあったお店を選んで使うこともできますので、是非候補にいれてみてくださいね。

おすすめ!

宅配クリーニングを行っているお店を調べてみました!最新のおすすめ店が知りたい方はこちらをクリック☆

宅配クリーニングのおすすめランキングはこちらをクリック!

 

【クリーニング店 おすすめ3選】
No.1 リコーベ:【安さ◎】10点パックでコスパ良し!
No.2 リネット:【便利さ◎】業界最大手、1点からOK!
No.3 リナビス:【保管◎】おせっかいクリーニングで安心です!

リコーベ(recobe)

10点パックがコスパ良し!

リコーべ

使い方のポイント

  • ダウン、コート、ワンピース、学生服など何でも10点で9,500円の高コスパ料金設定!
  • しかもYシャツや子供服は3枚で1点分のカウントで使いやすい!
  • ファミリープランなら、衣類の他にマットや毛布も一緒にクリーニングOK

リコーベならダウンなどの単価が高いアイテムを含めて、色んな組み合わせができるので他のお店よりも家庭ごとに合わせた使い方ができます。

ダウンやコートでも1点1,000円程度でクリーニングできるのは非常にコスパが良いですね。

リコーベの枚数カウント表

普段使いから衣替えの時期まで幅広く使えるお店ですが、唯一の注意点は、職人さんの手作業があるため受けれる注文に限りがある点。

シーズン時は混み合いますので、お申込はなるべく早めがです!

 

リネット(lenet)

業界最大手リネット

リネットの公式画像

リネットの特徴まとめ

  • アンケートで『標準よりキレイになった』と答えた人が97%の満足度!
  • キャンペーンが充実していて、現在は初回50%オフ☆
  • 洋服のふわふわ、つやつや加工を行う『プレミアム仕上げ』が無料サービス中!

リネットは現在初回50%オフ+ プレミアム会員費2ヶ月無料のキャンペーン中!元々普段使いしやすいお値段が、今ならさらにお安くつかうことができます。

リネットの料金

キャンペーンを使えば宅配クリーニングの最安値価格で利用出来るので、コスパの面でも使いやすいお店だと思います。

 

リナビス

おせっかいクリーニングのリナビス

おせっかいクリーニング『リナビス』の公式画像

リナビスの特徴まとめ

  • 自然乾燥、全品手仕上げの職人仕事
  • 最長9ヶ月の保管サービスが無料でつけられます
  • 子供服は2点で1点計算の嬉しい仕様
  • 往復の送料無料!(北海道、沖縄、一部離島のみ有料)
  • リピート割引あり
『おせっかいな田舎のおばちゃん・おっちゃんが他では「手間でやらない」をやります』がモットーです。

リナビスは、送料無料・しみ抜き無料・ボタン修理無料・クリーニング相談無料・9ヶ月保管無料・再仕上無料・毛玉とり無料・おせっかい無料がポイントです。

リナビスの無料サービス

会員になると季節ごとにクーポンが届くので、長くおつきあいするとドンドンお得に使うことが出来ますよ。

パック制なのでコートやダウンなど衣替えアイテムの利用がおすすめです。仕上がりも丁寧で、ブランド品や革製品をお願いしたい人のために、特別なコースがあるのも嬉しいですね。

こちらもリコーベ同様、職人による手仕事なため繁忙期は申込みが埋まってしまうことも。

特に保管込みコースが人気なため、季節のアイテムの申込はお早めに!

人気記事

1

ユニクロのエアリズムは、汗を吸いやすく乾きやすいという画期的な機能を持ったインナー。 もともと「サラファイン」「シルキードライ」と呼ばれていた機能性インナーがAIRism(エアリズム)に統一されました ...

おすすめの布団クリーニングランキング 2

毎日使う「布団」は定期的に洗いましょう!その一番の理由は「汗とダニ」です。 もちろんご家庭でも乾燥機や天日干しでダニを駆除して、掃除機でダニの死骸をとることも出来ます! ただどれだけ頑張っても、布団の ...

3

「ダニってファブリーズやリセッシュで退治できそうだけど、実際本当に効果あるのかな?」 布団を始め、布類や消臭や除菌効果で有名なファブリーズやリセッシュ。 消臭がメインの効果といえども、「除菌効果がある ...

宅配クリーニングを徹底比較 4

掃除・洗濯・料理と家事はどれも大変で、洗濯一つとっても日常の洗い物や衣替えのクリーニングなどかなり手間暇かかってますよね。 クリーニング店に洗濯物を持っていくのも、持ち帰るのも地味に面倒です。 忙しく ...

5

子供はよく体調を崩します。咳き込んでいたのに、急に静かに寝てくれて安心していると、また、急に咳き込んで嘔吐してしまう事があります。 予知できない嘔吐やゲロは、衣服や布団をの汚してしまうので、パッニック ...

-クリーニング方法, 衣類クリーニング
-

Copyright© ふわぴか , 2020 All Rights Reserved.